Azure PowerShell v5.5.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

2017/03/13 (現地時間) に Azure PowerShell v5.5.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v5.5.0 について、MSI インストーラー、および PowerShell GalleryMicrosoft Web Platform (WebPI) 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v5.5.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell v5.5.0 インストーラー : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force 

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

このリリースにおける変更点

AzureRM.Profile

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正
  • Newtonsoft.Json バージョン 10.0.3 は、バージョン 6.0.8 と並行してロードする

Azure.Storage

  • Soft-Delete 機能のサポート
    • Enable-AzureStorageDeleteRetentionPolicy
    • Disable-AzureStorageDeleteRetentionPolicy
    • Get-AzureStorageBlob

AzureRM.AnalysisServices

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正
  • ファイアウォールとクエリ スケールアウト機能のサポートの追加に加え、2017-08-01 APIバージョンのサポートを追加

AzureRM.Automation

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正

AzureRM.Cdn

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正

AzureRM.CognitiveServices

  • notice.txt と通知メッセージのアップデート

AzureRM.Compute

  • ‘New-AzureRmVMSS’ は、詳細モードで接続文字列を出力する
  • ‘New-AzureRmVmss’ 、パブリック IP アドレス、ロード バランシング ルール、インバウンド NAT ルールをサポート
  • WriteAccelerator 機能
    • 次のコマンドレットに WriteAccelerator スイッチ パラメーターを追加 :
      • Set-AzureRmVMOSDisk
      • Set-AzureRmVMDataDisk
      • Add-AzureRmVMDataDisk
      • Add-AzureRmVmssDataDisk
    • 次のコマンドレットに OsDiskWriteAccelerator スイッチ パラメーターを追加 :
      • Set-AzureRmVmssStorageProfile
    • 次のコマンドレットに OsDiskWriteAccelerator Boolean パラメーターを追加 :
      • Update-AzureRmVM
      • Update-AzureRmVmss

AzureRM.DataFactories

  • 一部の暗号化操作で意味のあるエラーが発生しなかった資格情報の暗号化の問題を修正
  • Data Factory 間で共有できるよう、統合ランタイムを有効化

AzureRM.DataFactoryV2

  • カスタム セットアップとエディションの選択機能を有効にするために、 “Set-AzureRmDataFactoryV2IntegrationRuntime” コマンドのパラメーター、 “SetupScriptContainerSasUri” と “Edition” を追加
  • 一部の暗号化操作で意味のあるエラーが発生しなかった資格情報の暗号化の問題を修正
  • Data Factory 間で共有できるよう、統合ランタイムを有効化

AzureRM.HDInsight

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正

AzureRM.KeyVault

  • Set-AzureRmKeyVaultAccessPolicy の例を修正

AzureRM.Network

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正

AzureRM.OperationalInsights

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正

AzureRM.RecoveryServices

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正

AzureRM.RecoveryServices.SiteRecovery

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正

AzureRM.Resources

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正

AzureRM.ServiceBus

  • Queue に EnableBatchedOperations プロパティを追加
  • Subscriptions に DeadLetteringOnFilterEvaluationExceptions プロパティを追加

AzureRM.ServiceFabric

  • Service Fabric コマンドレットの更新
    • ARM テンプレートの更新
    • 失敗した操作はロールバックされない
    • Add-AzureRmServiceFabricNodeType
      • VM のデフォルトが managed disk
      • 使用されている既存の VMSS サブネット
      • すべての操作は冪等性である
    • Remove-AzureRmServiceFabricNodeType は、部分的に作成された VMSS および/もしくは、クラスター ノード タイプをクリーンアップします。
    • 複雑なプロパティ タイプの PSCluster オブジェクトの出力を修正

AzureRM.Sql

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正
  • Get-AzureRmSqlServer、New-AzureRmSqlServer、および Remove-AzureRmSqlServer 応答について、FullyQualifiedDomainName プロパティが追加

AzureRM.Websites

  • エイリアスのインポートに関する問題を修正
  • New-AzureRMWebApp : ローカル git リポジトリをサポートし、WebApp を簡単に作成できるようにパラメーターを追加

前回のリリースからの変更点 : v5.4.0-February2018…v5.5.0-March2018

参考

コメント

  1. […] Azure PowerShell v5.5.0 がリリースされました […]