Azure PowerShell v6.1.1 がリリースされました

スポンサーリンク

2018/05/29 (現地時間) に Azure PowerShell v6.1.1 がリリースされました。

Azure PowerShell v6.1.1 について、PowerShell Gallery モジュール経由のみでの入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v6.1.1 をインストールおよびモジュール インポート後、AzureRM モジュールのバージョンが v6.1.1 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v6.1.1 について (意訳)

AzureRM.Resources

  • ‘Role’ または ‘Scope’ パラメーターに値が指定されていない場合、現在のサブスクリプションに対するサービス プリンシパルの ‘Contributor’ 権限を付与する ‘New-AzureRmADServicePrincipal’ への変更を元に戻す
    • ‘Role’ または ‘Scope’ に値が指定されていない場合、サービス プリンシパルはアクセス権なしで作成される
    • ‘Role’ が指定されていても ‘Scope’ が指定されていない場合、サービス プリンシパルは現在のサブスクリプションに対して指定された ‘Role’ 権限で作成される
    • ‘Scope’ が指定されていても ‘Role’ が指定されていない場合、サービス プリンシパルは指定された ‘Scope’ に対して ‘Contributor’ 権限で作成される
    • ‘Role’ と ‘Scope’ の両方が指定されている場合、サービス プリンシパルは、指定された ‘Scope’ にわたって指定された Role 権限で作成される

参考