Azure PowerShell for AzureStack v1.7.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Windows ストア限定

2019/02/08 (現地時間) に Azure PowerShell for AzureStack v1.7.0 がリリースされました。

Azure PowerShell for AzureStack v1.7.0 リリース ノート (意訳)

AzureStack 管理コマンドレット用の Gallery Module : リンク

PowerShell Gallery から AzureStack をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureStack -Repository PSGallery -Force 

古い AzureStack のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureStack 

## 2019.01 – Version 1.7.0

  • 1901 update をサポート
  • このリリースには大きな変更があります。大きな変更の詳細は、https://aka.ms/azspshmigration170 を参照してください。

Azs.Backup.Admin Module

  • 大きな変更 : バックアップが証明書ベースの暗号化モードに変更されれました。対称キーのサポートは非推奨となります。

Azs.Fabric.Admin Module

  • 非推奨事項
    • Get-AzsInfrastructureVolume は非推奨となりました、新しいコマンドレット Get-AzsVolume を使用してください。
    • Get-AzsStorageSystem は非推奨となりました、新しいコマンドレット Get-AzsStorageSubSystem を使用してください。
    • Get-AzsStoragePoolは非推奨となりました、StorageSubSystem オブジェクトは capacity プロパティを持ちます。

Azs.Compute.Admin Module

  • 不具合修正 : Add-AzsPlatformImage、 Get-AzsPlatformImage : 成功パスでのみ ConvertTo-PlatformImageObject を呼び出します。
  • 不具合修正 : Add-AzsVmExtension、 Get-AzsVmExtension : 成功パスでのみ ConvertTo-VmExtensionObject を呼び出します。

Azs.Storage.Admin Module

  • 不具合修正 : 新しいストレージ クォータが指定されていない場合、規定値がが使用されます。

AzureRM 2.4.0

AzureRM に対する Azure および AzureStack クライアント モジュール用の Gallery Module : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM 2.4.0 をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -RequiredVersion 2.4.0 -Repository PSGallery -Force 

古い AzureRMk のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM -RequiredVersion 2.4.0 

AzureRm.Resources

  • リソースの種類によって大文字と小文字を区別せずに大文字と小文字を区別する Get-AzureRmResource の不具合修正。

Azure.Storage

  • AzureRm ロールアップ モジュールには、api-version 2017-07-29 をサポートする、公開済みのバージョン 4.5.0 が含まれる.

AzureRm.Storage

  • AzureRm ロールアップ モジュールには、api-version 2017-10-01 をサポートする、公開済みのバージョン 5.0.4 が含まれる。

AzureRm.Compute

  • New-AzureRMVM および New-AzureRMVMSS に単純なパラメーター セットを追加 : -ImageName パラメーターは、ユーザー イメージの指定をサポート。

AzureRm.Insights

  • AzureRm ロールアップ モジュールには、メトリック / メトリック定義リソースの種類である the api-version 2018-01-01 をサポートする、公開済みのバージョン 5.1.5 が含まれる。

参考