リモート デスクトップ接続で Web カメラを利用する + 動画と音声のラグを減らすための設定について

お仕事で使っているノート PCでマルチモニタ作業するとき、プライベートで使用しているデスクトップ PC のモニタを使用しているのですが、毎回接続を繋ぎ変えるのが面倒だったので、リモート デスクトップ (RDP) 接続を利用してリモート接続していました。

ただこれだと、Teams とか Web 会議するときに Web カメラはリモート デスクトップ接続先のものを使用しないといけなかったり、動画と音声にラグがあったりと色々と不便でした。

お仕事用に色々と機器を揃えようかとも思いましたが、スペースの問題で RDP やら Windows の設定で何とか改善できないかというところで、色々と調べてみて設定した内容が意外とうまくいったので、以下にまとめてみました。

設定内容について

スポンサーリンク

リモート デスクトップ接続で Web カメラを利用する

Windows 10 でも RemoteFX の設定がローカル セキュリティ ポリシーから行えるということで接続元につながっている Web カメラを接続先にリダイレクトするため、接続元/接続先で以下の設定を行いました (要再起動)。

なお、Web カメラについては、RemoteFX に対応している必要があります (マウスコンピューター製の Web カメラ (CM01) で確認しています)。

接続元の設定

RDP 接続における UDP の使用を無効化、および RemoteFX USB デバイスのリダイレクトを有効化の設定を行います。

UDP が有効化していた時に、RDP 接続がハングする現象が頻発していたため、無効化の設定を行っています。

クライアントの UDP を無効にする

グループ ポリシー オブジェクト エディター (gpedit.msc) を起動し、[ローカルコンピューターポリシー] – [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [リモート デスクトップ サービス] – [リモート デスクトップ接続のクライアント] にて [クライアントの UDP を無効にする] 設定を「有効」にします。

サポートされている他の RemoteFX USB デバイスの、このコンピューターからの RDP リダイレクトを許可する

グループ ポリシー オブジェクト エディター (gpedit.msc) を起動し、[ローカルコンピューターポリシー] – [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [リモート デスクトップ サービス] – [リモート デスクトップ接続のクライアント] – [RemoteFX USB デバイス リダイレクト] にて [サポートされている他の RemoteFX USB デバイスの、このコンピューターからの RDP リダイレクトを許可する] 設定を「有効」にします。

接続先の設定

接続元と同様にRDP 接続における UDP の使用を無効化、および RemoteFX USB デバイスのリダイレクトを受け入れる設定を行います。

また、接続先にもWeb カメラのドライバをインストールしておきます (RDP 接続した際、接続元の Web カメラがリダイレクトされますが、認識処理で止まることが多かったため)。

RDP トランスポート プロトコルの選択

グループ ポリシー オブジェクト エディター (gpedit.msc) を起動し、[ローカルコンピューターポリシー] – [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [リモート デスクトップ サービス] – [リモート デスクトップ セッション ホスト] – [接続] にて [RDP トランスポート プロトコルの選択] 設定を「有効」[トランスポートの種類の選択]「TCP のみを使用」に設定します。

サポートされているプラグ アンド プレイ デバイスのリダイレクトを許可しない

グループ ポリシー オブジェクト エディター (gpedit.msc) を起動し、[ローカルコンピューターポリシー] – [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [リモート デスクトップ サービス] – [リモート デスクトップ セッション ホスト] – [デバイスとリソースのリダイレクト] にて [サポートされているプラグ アンド プレイ デバイスのリダイレクトを許可しない] 設定を「無効」にします。

スマート カード デバイスのリダイレクトを許可しない

グループ ポリシー オブジェクト エディター (gpedit.msc) を起動し、[ローカルコンピューターポリシー] – [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [リモート デスクトップ サービス] – [リモート デスクトップ セッション ホスト] – [デバイスとリソースのリダイレクト] にて [スマート カード デバイスのリダイレクトを許可しない] 設定を「無効」にします。

RemoteFX の構成

グループ ポリシー オブジェクト エディター (gpedit.msc) を起動し、[ローカルコンピューターポリシー] – [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [リモート デスクトップ サービス] – [リモート デスクトップ セッション ホスト] – [リモートセッション環境] – [Windows Server 2008 R2 の RemoteFX] にて [RemoteFX の構成] 設定を「有効」にします。

Windows Server 2008 R2 SP1 向けに設計された RemoteFX クライアント用の RemoteFX エンコーディングを有効にする

グループ ポリシー オブジェクト エディター (gpedit.msc) を起動し、[ローカルコンピューターポリシー] – [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [リモート デスクトップ サービス] – [リモート デスクトップ セッション ホスト] – [リモートセッション環境] にて [Windows Server 2008 R2 SP1 向けに設計された RemoteFX クライアント用の RemoteFX エンコーディングを有効にする] 設定を「有効」にします。

設定後の接続について

接続する際は、リダイレクトする RemoteFX USB デバイスのチェックボックスをオンにします。

RDP 接続すると、接続先で Web カメラが認識していることを確認できます。

スポンサーリンク

動画と音声のラグを減らす

接続先の NIC の設定で以下の設定を無効化 (Disabled) します。

  • TCP Checksum Offload (IPv4)
  • TCP Checksum Offload (IPv6)

PC の負荷は上昇してしまいますが、NIC 側でチェックサムの処理を行うと、ラグが大きくなってしまったため、この設定を行っています (要再起動)。

接続先の設定

TCP Checksum Offload (IPv4)
  1. [デバイス マネージャー] を起動し [コンピューター名] – [ネットワーク アダプター] – [該当の NIC] のプロパティを開きます。
  2. [詳細設定] タブ内にある [TCP Checksum Offload (IPv4)] の値を「Disabled」に変更します。

TCP Checksum Offload (IPv6)
  1. [デバイス マネージャー] を起動し [コンピューター名] – [ネットワーク アダプター] – [該当の NIC] のプロパティを開きます。
  2. [詳細設定] タブ内にある [TCP Checksum Offload (IPv6)] の値を「Disabled」に変更します。

Windows Windows 10

コメント

タイトルとURLをコピーしました