Azure PowerShell – Az モジュール v5.2.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2020/12/08 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v5.2.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v5.2.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v5.2.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v5.2.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v5.2.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v5.2.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v5.2.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.2.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.2.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.2.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.2.0-alpine-3.10
スポンサーリンク

リリース ノート (5.2.0 – December 2020)

Az.Accounts

  • 基になるライブラリから取得できなかった場合、生のトークンから ExpiresOn 時間の解析を管理
  • インタラクティブ認証が利用できない場合の警告メッセージの改善

Az.ApiManagement

  • [重大な変更] ‘New-AzApiManagementProduct’ は既定でサブスクリプションの制限はない

Az.Compute

  • リソースが多すぎるためにスロットリングをチェックする前に ‘-Name’ でフィルタリングするよう、Get-AzVm を編集
  • 新しいコマンドレット ‘Start-AzVmssRollingExtensionUpgrade’

Az.ContainerRegistry

  • ‘Get-AzContainerRegistryUsage’ のパイプライン入力からパラメーター ‘Name’ と値をサポート [#13605]
  • ‘Connect-AzContainerRegistry’ の洗練された例外

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK version 4.13.0 にアップデート

Az.HealthcareApis

  • 顧客管理キーのサポートを追加

Az.IotHub

  • SAS トークンの問題を修正

Az.KeyVault

  • Key Vault アクセス ポリシーを設定する際のオプションとして ‘all’ をサポート
  • 新しいバージョンの SecretManagement モジュールをサポート [#13366]
  • SecretManagementModule の ‘SecretValue’ で ByteArray、String、PSCredential、および Hashtable をサポート [#12190]
  • [重大な変更] Managed HSM に関連するコマンドレットの API サーフェスを再設計

Az.Monitor

  • 空のリストを受け入れるよう、’New-AzAutoscaleProfile’ のパラメーター ‘Rule’ を変更 [#12903]
  • より柔軟な診断設定の作成をサポートする新しいコマンドレットを追加 :
    • ‘Get-AzDiagnosticSettingCategory’
    • ‘New-AzDiagnosticSetting’
    • ‘New-AzDiagnosticDetailSetting’

Az.RecoveryServices

  • ヘルプ テキストおよびパラメーター セット名を ‘Restore-AzRecoveryServicesBackupItem’ コマンドレットに変更

Az.Resources

  • ‘Set-AzTemplateSpec’ および ‘New-AzTemplateSpec’ をサポートする ‘-Tag’  パラメーターを追加
  • Template Specs の既定フォーマッタにタグ表示のサポートを追加

Az.ServiceFabric

  • SettingsSectionDescription パラメーターを用いた ‘Set-AzServiceFabricSetting’ の例を追加
  • サポートが ARM でデプロイされたリソースのみを対象としていることを確認するよう、アプリケーション関連のコマンドレットをアップデート
  • 非推奨のクラスター証明書コマンドレット ‘Add-AzureRmServiceFabricClusterCertificate’ および ‘Remove-AzureRmServiceFabricClusterCertificate’ をマーク化

Az.Sql

  • 次のコマンドレットに SecondaryType を追加:
    • ‘New-AzSqlDatabase’
    • ‘Set-AzSqlDatabase’
    • ‘New-AzSqlDatabaseSecondary’
  • 次のコマンドレットに HighAvailabilityReplicaCount を追加 :
    • ‘New-AzSqlDatabase’
    • ‘Set-AzSqlDatabase’
  • 次のコマンドレットに ReadReplicaCount を HighAvailabilityReplicaCount のエイリアスに設定 :
    • ‘New-AzSqlDatabase’
    • ‘Set-AzSqlDatabase’

Az.Storage

  • 最大 4 TiB の Azure ファイル サイズのアップロードをサポート
    • ‘Set-AzStorageFileContent’
  • Azure.Storage.Blobs 12.7.0 にアップグレード
  • Azure.Storage.Files.Shares 12.5.0 にアップグレード
  • Azure.Storage.Files.DataLake 12.5.0 にアップグレード

Az.StorageSync

  • ダウンロード ポリシーとローカル キャッシュ モードを持つ同期階層化ポリシー機能を追加

Az.Websites

  • アクセス制限ルールの重複を防止
スポンサーリンク

コミュニティの貢献者に感謝

  • Andrew Dawson (@dawsonar802)
    • Get-AzKeyVaultCertificate.md をアップデート : 証明書を取得し、PowerShell Core で動作するように pfx セクションとして保存 (#13557)
  • @iviark
    • Healthcare API Powershell BYOK のアップデート (#13518)
  • John Duckmanton (@johnduckmanton)
    • TagPatchOperation を正しいスペルに修正 (#13508)
  • Michael James (@mikejwhat)
    • Get-AzLogicAppRunHistory のヘルプを整理 (#13513)
  • Richard de Zwart (@mountain65)
    • Update-AzAppConfigurationStore.md をアップデート (#13485)
    • New-AzCosmosDBAccount.md をアップデート (#13490)
  • @SteppingRazor
    • New-AzApiManagementProduct : SubscriptionsLimit パラメーターの既定値を None に変更 (#13457)
  • Steve Burkett (@SteveBurkettNZ)
    • 例の WorkspaceResourceId パラメーターの誤字を修正 (#13589)

参考 URL

Azure PowerShellMicrosoft Azure
タイトルとURLをコピーしました