Azure PowerShell – Az モジュール v6.2.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/07/06 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v6.2.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v6.2.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v6.2.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v6.2.0 となっていることが確認できます。

スポンサーリンク

Az モジュール v6.2.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v6.2.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v6.2.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.2.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.2.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.2.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.2.0-alpine-3.10

リリース ノート (6.2.0 – July 2021)

Az.Accounts

  • Added Tags, PSAzureSusbscripiton に AuthorizationSource をタグを追加し、TenantType、DefaultDomain、TenantBrandingLogoUrl、CountryCode を PSAzureTenant に追加 [#15220]
  • 2021-01-01 にサブスクリプション クライアントをアップグレード [#15220]
  • 共通ライブラリのインタラクティブ モード チェックを削除
  • 環境 AzureChinaCloud に OperationalInsights のエンドポイントを追加 [#15305]
  • 自動生成されたモジュールのデフォルト ログを詳細ストリームに出力

Az.Aks

  • ‘New-AzAksNodePool’ にパラメーター ‘AvailabilityZone’ を追加 [#14505]

Az.ApplicationInsights

  • applicationinsights コンポーネントに読み取り専用プロパティ ‘ConnectionString’ と ‘ApplicationId’ を追加

Az.Compute

  • ‘New-AzVmss’ と ‘New-AzVmssConfig’ に追加パラメーター ‘-OrchestrationMode’ を追加
  • リソースが AKS や Shared Image Gallery を用いてリモート イメージ ソースを使用する場合に機能するよう、次のコマンドレットをアップデート
    • ‘Update-AzVm’
    • ‘Update-AzVmss’
    • ‘Update-AzGalleryImageVersion’
  • ‘Set-AzVmssRollingUpgradePolicy’ にパラメーター ‘-EnableCrossZoneUpgrade’ および ‘-PrioritizeUnhealthyInstance’ を追加
  • ‘Set-AzVMOperatingSystem’ コマンドレットに ‘AssessmentMode’ パラメーターを追加
  • ‘Add-AzVmssNetworkInterfaceConfiguration’ の不具合を修正
  • ‘Test-AzVMAEMExtension’ の IOPS およびスループット チェックを修正
  • 2020-12-01 DiskRP API バージョンの新しいコマンドレットを追加
    • New-AzDiskPurchasePlanConfig
    • Set-AzDiskSecurityProfile
  • 2020-12-01 DiskRP API バージョンのコマンドレットに変更
    • New-AzDiskConfig
    • New-AzSnapshotConfig
    • New-AzSnapshotUpdateConfig
    • New-AzDiskUpdateConfig
    • New-AzDiskEncryptionSetConfig
    • Update-AzDiskEncryptionSet

Az.CosmosDB

  • このリリースで、Continuous Backup (ポイント イン タイム リストア) 機能 のコマンドレットを導入 :
    • Continuous モードのバックアップ ポリシーを用いてアカウントを作成するためのサポートを導入
    • Continuous モードのバックアップ ポリシーを用いてアカウントのポイント イン タイム リストアのサポートを導入
    • Periodic モードのバックアップポリシーを用いてアカウントのバックアップ間隔、およびバックアップ保持期間をアップデートするサポートを導入
    • ライブ データベース アカウントに復元可能なリソースを一覧表示するためのサポートを導入
    • アカウントの作成/更新時に分析ストレージ スキーマを指定するためのサポートを導入
    • 次のコマンドレットを追加 :
      • Restore-AzCosmosDBAccoun
      • New-AzCosmosDBDatabaseToRestor
      • Get-AzCosmosDBRestorableDatabaseAccount
      • Get-AzCosmosDBSqlRestorableDatabase
      • Get-AzCosmosDBSqlRestorableContainer
      • Get-AzCosmosDBSqlRestorableResource
      • Get-AzCosmosDBMongoDBRestorableDatabase
      • Get-AzCosmosDBMongoDBRestorableCollection
      • Get-AzCosmosDBMongoDBRestorableResource

Az.DataFactory

  • DataFactory にカスタマー マネージド キー暗号化 (Customer Managed Key Encryption) を追加

Az.Functions

  • Linux Consumption アプリに 2 つの追加アプリ設定 (WEBSITE_CONTENTSHARE と WEBSITE_CONTENTAZUREFILECONNECTIONSTRING) を追加 [#15124]
  • Azure Gov に作成する際の New-AzFunctionApp の不具合を修正 [#13379]
  • 空の値を持つアプリ設定の作成とコピーをサポートする必要がある Az.Functions コマンドレットを追加 [#14511]

Az.Monitor

  • ‘ResultType’ を ‘Metadata’ に設定する際、’Get-AzMetric’ の null 参照の不具合を修正
  • ‘Get-AzAutoscaleSetting’ から結果をパイプすることができない ‘Add-AzAutoscaleSetting’ の不具合を修正 [#13861]

Az.Network

  • ルート サーバーを作成するためのオプション パラメーターとしてパブリック IP アドレスを追加
    • ‘New-AzRouteServer’
  • エッジ ゾーンの指定を有効にするよう、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzPublicIpPrefix’
    • ‘New-AzLoadBalancer’
    • ‘New-AzPrivateLinkService’
    • ‘New-AzPrivateEndpoint’
  • コンソールで仮想ネットワークの拡張ロケーションを表示するためのサポートを追加
    • ‘New-AzVirtualNetwork’
    • ‘Get-AzVirtualNetwork’
  • コンソールでパブリック IP アドレスの拡張ロケーションを表示するためのサポートを追加
    • ‘New-AzPublicIpAddress’
    • ‘Get-AzPublicIpAddress’

Az.RecoveryServices

  • SQL AG AutoProtection の無効化を修正

Az.Security

  • Az.Security モジュールが一般提供 (GA)
  • 誤字を修正するために、Get-AzRegulatoryComplainceAssessment の名前を Get-AzRegulatoryComplianceAssessment に変更

Az.Sql

  • 次のコマンドレットに ‘RestrictOutboundNetworkAccess’ パラメーターを追加
    • ‘New-AzSqlServer’
    • ‘Set-AzSqlServer’
  • アウトバウンド ファイアウォール ルールの許可された FQDN で CRUD 操作用の新しいコマンドレットを追加
    ‘Get-AzSqlServerOutboundFirewallRule’
    ‘New-AzSqlServerOutboundFirewallRule’
    ‘Remove-AzSqlServerOutboundFirewallRule’
  • New-AzSqlServer、New-AzSqlInstance の SystemAssigned ID と UserAssigned ID 用に ID ロジックを修正
  • SQL データベースの差分バックアップ頻度を取得、および更新するためのコマンドレットをアップデート
    • ‘Get-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy’
    • ‘Set-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy’
  • ‘Set-AzSqlServer’ と ‘Set-AzSqlInstance’ の Azure ポリシーにおける部分的な PUT 問題を修正

Az.Storage

  • Blob コンテナーの Soft Delete の有効化/無効化をサポート
    • ‘Enable-AzStorageContainerDeleteRetentionPolicy’
    • ‘Disable-AzStorageContainerDeleteRetentionPolicy’
  • 削除された Blob コンテナーの一覧表示をサポート
    • ‘Get-AzRmStorageContainer’
    • ‘Get-AzStorageContainer’
  • 削除された Blob コンテナーの復元をサポート
    • ‘Restore-AzStorageContainer’
  • SFile サービス プロパティのセキュア SMB 設定をサポート
    • ‘Update-AzStorageFileServiceProperty’
  • EnableNfsV3 を持つアカウントの作成をサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
  • パイプラインからより多くのコピー  Blob パラメーター入力をサポート [#15301]
    • ‘Start-AzStorageBlobCopy’

Az.Websites

  • ServerFarmId をサポートするために ‘Import-AzWebAppKeyVaultCertificate’ を修正 [#15091]
  • ‘Added an optional parameter to delete or keep Appservice plan when the last WebApp is removing from plan (最後の WebApp がプランから削除され際、Appservice プランを削除、もしくは保持するためのオプション パラメーターを追加’) を修正

コミュニティの貢献者に感謝

  • Mikey Bronowski (@MikeyBronowski)
    • Update Get-AzSynapseTriggerRun.md をアップデート(#15231)
    • より多くのシナリオをカバーする例を追加するため、Get-AzSynapsePipelineRun.md をアップデート (#15232)
  • @mjsharma
    • 代替コマンドに関する注記の追加 (#15359)
  • @tomswedlund
    • CosmosDB のアカウント作成/更新時に分析ストレージ スキーマ タイプを設定するためのサポートを追加 (#15362)
  • @ylabade
    • 例の Web アプリ パラメーター名を修正 (#15291)
スポンサーリンク

参考サイト

Azure PowerShell

コメント

タイトルとURLをコピーしました