ファイル サーバー リソース マネージャーで使用できるコマンドおよびそのオプションについて その52

スポンサーリンク

ファイル サーバー リソース マネージャー (FSRM) は、Windows Server 2003 R2から標準搭載された機能です。

FSRMを使用することで、ディスク ボリュームやフォルダに対して、クォータの設定を実施したり、特定種類のファイルの保存を禁止 (ファイル スクリーン) 、加えて、ディスク ボリュームやフォルダの使用状況といった記憶域に関するレポートの生成が可能となります。

これらの機能は、GUI上から設定することが可能ですが、コマンド ラインから実行することも可能です。

ここでは、Filescrn Notificationについて纏めました (Windows Server 2008 R2 SP1上で確認、本記事以外のコマンドおよびサブコマンドについては、「ファイル サーバー リソース マネージャーで使用できるコマンドおよびそのオプションについて その1」を参照)。

■構成ファイルの構文

汎用プロパティ

パラメーター説明
Notification=NOTIFY_TYPEファイルの最初の行にある必要があります。
NOTIFY_TYPE – 次のいずれかを指定します:
     M – 電子メールの通知
     E – イベント ログの通知
     C – コマンド ラインの通知
     R – レポートの通知
[RunLimitInterval=INTERVAL]最高でINTERVALに指定した分毎に一回通知が上がります。

電子メールの通知

パラメーター説明
To=EMAIL_LIST電子メールの送信先項目の設定。
EMAIL_LISTはセミコロンで区切られた受信者の一覧です。
[From=EMAIL]電子メールの送信元項目の設定。
EMAILは有効な電子メール アドレスです。
[ReplyTo=EMAIL]電子メールの返信先項目の設定。
EMAILは有効な電子メール アドレスを指定します。
[Cc=EMAIL_LIST]電子メールのCc項目の設定。
EMAIL_LISTはセミコロンで区切られた受信者の一覧です。
[Bcc=EMAIL_LIST]電子メールのBcc項目を設定します。
EMAIL_LISTはセミコロンで区切られた受信者の一覧です。
[Subject=TEXT]電子メールの件名項目をTEXTに設定。
Message=TEXT電子メールの本文をTEXTに設定。
本文中で改行するには各行の終わりで”を使ってください。

イベント ログの通知

パラメーター説明
[EventType=TYPE]イベントの種類を指定。TYPEは次の値を指定します:
     Warning     – 警告のイベント (既定)
     Information – 情報のイベント
     Error       – 深刻なエラーのイベント
Message=TEXTイベント本文をTEXTに設定。
本文中で改行するには各行の終わりで”を使ってください。

コマンドの通知

パラメーター説明
Command=PATHPATHでコマンドまたはスクリプトを実行します。
[Arguments=CMD_ARGS]文字列CMD_ARGSをコマンド引数として使用します。
[Account=ACCOUNT]指定されたACCOUNTでコマンドを実行します。
ACCOUNTは次の値を指定します:
     LocalService   – LOCAL SERVICEアカウント
     NetworkService – NETWORK SERVICEアカウント (既定)
     LocalSystem    – SYSTEMアカウント
[WorkingDirectory=PATH]コマンドの作業ディレクトリとしてPATHを使用します。
[MonitorCommand=STATUS]コマンドの実行の監視が必要な場合に指定します。
STATUSは次の値を指定します:
     Enable  – コマンドの監視する。
     Disable – コマンドを監視しない。(既定)
[KillTimeOut=TIMEOUT]TIMEOUT分後に監視されたコマンドを終了します。
MonitorCommand=Enableであることが必要です。
[LogResult=STATUS]コマンドのリターン コードをログに記録が必要な場合に指定します。
MonitorCommand=Enableであることが必要です。
STATUSは次の値を指定します:
     Enable  – ログに記録する。(既定)
     Disable – ログに記録しない。

レポートの通知

パラメーター説明
ReportType=TYPE生成するレポートの種類を指定します。
TYPEは’|’で区切り次のうちどれか1つ以上指定します:
     DuplicateFiles        – 重複ファイル レポート
     Export                – レポートのエクスポート
     FilescreenAudit       – ファイル スクリーン監査のレポート
     FilesByFileGroup      – ファイル グループごとのファイル レポート
     FilesByOwner          – 所有者ごとのファイル レポート
     LargeFiles            – 大きいサイズのファイル レポート
     LeastRecentlyAccessed – 最近アクセスされていないファイル レポート
     MostRecentlyAccessed  – 最近アクセスされたファイル レポート
     QuotaUsage            – クォータの使用率レポート
[MailTo=EMAIL]電子メールの受信者にレポートを送信します。
EMAILはセミコロンで区切られた受信者の一覧です。

利用可能な変数

変数説明
[File Screen Path]Inserts the path of the file screen.
[File Screen Remote Paths]If the path for the file screen is a shared folder or volume, inserts the path in UNC format (\ServerShare).
[File Screen System Path]Inserts the path of the file screen in canonical format (\?VolumeGUID).
[Violated File Group]Inserts the name of the file group to which the file that caused the notification belongs.
[Source File Path]Inserts the path of the unauthorized file that caused the notification.
[Source File Owner]Inserts the user name of the owner of the unauthorized file.
[Source File Owner Email]Inserts the e-mail address of the owner of the unauthorized file.
[Source Process Id]Inserts the ID of the process that caused the notification.
[Source Process Image]Inserts the name of the executable file for the process that caused the notification.
[Source Io Owner]Inserts the user name of the user who saved the unauthorized file.
[Source Io Owner Email]Inserts the e-mail address of the user who saved the unauthorized file.
[Server]Inserts the name of the server on which the notification occurred.
[Server Domain]Inserts the name of the domain of the server on which the notification occurred.
[Admin Email]Inserts the default e-mail addresses for the administrators.
[Source File Remote Paths]If the path for the unauthorized file is a shared folder or volume, inserts the path in UNC format (\ServerShare).

[参考]