WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて

スポンサーリンク

Windows OS や SQL Server などの、Microsoft 社製品に対する更新プログラムやサービスパックなどを適用する場合、Windows Update を利用して実施するのが一般的と思われます。

しかし、適用するサーバー、クライアントの台数が複数ある環境では、どの更新プログラムやサービスパックを適用すべきか、適用されたか、など管理工数が増加することがよくあります。

Windows Server Update Services (WSUS) サービスを利用することで、Windows OS を実行しているコンピューターに対して、Microsoft 社製品の最新の更新プログラムを効率的に展開することが可能となります。また、WSUS を使用することで、管理しているネットワーク上に存在しているコンピューターへの配布作業を効率的に管理することが可能となります。

Windows Server 2012 から、PowerShell コマンドレットを使用して WSUS の設定が行えるようになりました。しかし、WSUS に関するコマンドレットの情報について、英語の情報はあるものの、日本語の情報についてはあまり公開されていません。

ここでは、WSUS に関する PowerShell コマンドレットの情報について、備忘録として日本語の情報として纏めてみました。
※Technet で公開されている英語の情報を意訳したものとなります。また、Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 と比較した際に相違がほとんどないことから、2013/10/17 時点の Windows Server 2012 R2 の情報を元にしています。


Windows PowerShell は、特にシステム管理用に設計されたタスク ベースのコマンドライン シェル、およびスクリプト言語です。情報技術 (IT) プロフェッショナルに対するこのリファレンスは、タスクを記述および自動化するために、Windows PowerShell コマンドレットを利用するための支援を提供します。

Windows Server Update Services (WSUS) の管理

このリファレンスは、すべての Windows Update Services (WSUS) 管理に特化したコマンドレットの概要、および構文を提供します。

以下は、コマンドレットを動詞に基づいたアルファベット順にリスト化したものとなります。

コマンドレット 概要
Add-WsusComputer 指定したターゲット グループへ、指定したクライアント コンピューターを追加します。
Approve-WsusUpdate クライアントへ適用するためのアップデートを承認します。
Deny-WsusUpdate 展開のためのアップデートを拒否します。
Get-WsusClassification システム上で現在利用可能なすべての WSUS の分類リストを取得します。
Get-WsusComputer クライアントコンピューターを示す、WSUS コンピューター オブジェクトを取得します。
Get-WsusProduct かてごりによって WSUS 上で現在利用可能なすべての製品リストを取得します。
Get-WsusServer WSUS アップデート サーバー オブジェクトwの値を取得します。
Get-WsusUpdate アップデートに関して、WSUS 更新オブジェクトの詳細を取得します。
Invoke-WsusServerCleanup 指定した WSUS サーバー上でクリーンアップ プロセスを実行します。
Set-WsusClassification WSUS 同期に対する更新の分類を有効、もしくは無効に設定します。
Set-WsusProduct 同期させる更新のカテゴリを示す製品を有効、もしくは無効に設定します。
Set-WsusServerSynchronization WSUS サーバーが Microsoft Update、もしくはアップストリーム サーバーおよびアップストリーム サーバーのプロパティから同期するか、同期先を設定します。
利用可能なコマンドレットすべてを一覧表示するには、コマンドレット「Get-Command *-Wsus*」を使用してください。

実行するコマンドレットに関するより詳細な情報、もしくは構文について、コマンドレット「Get-Help <コマンドレット名>」 (<コマンドレット名> は、調査したいコマンドレットの名前となります) を使用します。より詳細な情報については、以下のコマンドのどれかを実行することで確認することができます。

  • Get-Help <コマンドレット名> –Detailed
  • Get-Help <コマンドレット名> –Examples
  • Get-Help <コマンドレット名> –Full

詳細情報

WSUS に関する、より詳細な情報は、以下の参照してください。


[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  2. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  3. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  4. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  5. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  6. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  7. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  8. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  9. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  10. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  11. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]

  12. […] (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 […]