Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。 Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob

■概要

ボリューム コンテナー グループのフェールオーバー操作を開始します。

■構文

Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob [-DeviceId] <String> [-VolumecontainerGroups] <0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null> [-TargetDeviceId] <String> [[-Force]] [-Profile [<AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob [-DeviceName] <String> [-VolumecontainerGroups] <0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null> [-TargetDeviceName] <String> [[-Force]] [-Profile [<AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob [-VolumecontainerGroups] <0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null> [[-Force]] [-Profile [<AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob コマンドレットは、あるデバイスから別のデバイスへ 1 つ以上のボリューム コンテナー グループのフェールオーバー操作を開始します。

■パラメーター

-DeviceId <String>
ボリューム コンテナー グループが存在する StorSimple デバイスのインスタンス ID を指定します。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DeviceName <String>
ボリューム コンテナー グループが存在する StorSimple デバイス名を指定します。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Force [<SwitchParameter>]
ユーザーの確認なしで強制的にコマンドを実行します。

必須 false
位置 4
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Profile [<AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-TargetDeviceId <String>
このコマンドレットで、ボリューム コンテナー グループ上でフェールオーバーする StorSimple デバイスのインスタンス ID を指定します。

必須 true
位置 3
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-TargetDeviceName <String>
このコマンドレットで、ボリューム コンテナー グループ上でフェールオーバーする StorSimple デバイス名を指定します。

必須 true
位置 3
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumecontainerGroups <0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null>
このコマンドレットで、他のデバイスにフェールオーバーするボリューム コンテナー グループの一覧を指定します。

必須 true
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • List<DataContainerGroup>
    このコマンドレットへボリューム コンテナー グループに渡すことが可能です。

■出力

  • String

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: デバイス名およびターゲットデバイス名に対するフェールオーバー ジョブの開始

 (Get-AzureStorSimpleFailoverVolumeContainers -DeviceName "ChewD_App7") | Where-Object {$_.IsDCGroupEligibleForDR -eq $True} | Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob -DeviceName "ChewD_App7" -TargetDeviceName "Fuller05" -Force 
a3d902be-8ffb-42a4-bbf8-0a1b30db71b2_0ee59ae9-0293-46e2-ae56-bc308c8e5520

Get-AzureStorSimpleFailoverVolumeContainers コマンドレットを用いてデバイス名「ChewD_App7」のフェールオーバー ボリューム コンテナーを取得します。コマンドは、IsDCGroupEligibleForDR プロパティで $True 以外の値を持つコンテナーをドロップし、Where-Object コマンドレットに結果を渡します。詳細については、Get-Help Where-Object を入力します。現在のコマンドレットを使用して、残りのフェールオーバーのボリューム コンテナーのフェールオーバー ジョブを開始します。コマンドは、デバイス名およびターゲット デバイス名を指定します。コマンドは、コマンドレット開始するインスタンス ID を返します。

例 2: ID で指定されたデバイスおよびターゲット デバイスに対するフェールオーバー ジョブの開始

 (Get-AzureStorSimpleFailoverVolumeContainers -DeviceId "3825f272-1efb-4c14-b63f-22605ce3b925") | Where-Object {$_.IsDCGroupEligibleForDR -eq $True} | Select-Object -First 1 | Start-AzureStorSimpleDeviceFailoverJob -DeviceId "3825f272-1efb-4c14-b63f-22605ce3b925" -TargetDeviceId "0ee59ae9-0293-46e2-ae56-bc308c8e5520" -Force 

4c5ac0d0-4b66-465c-98f5-aec90505ad12_0ee59ae9-0293-46e2-ae56-bc308c8e5520

このコマンドは、Get-AzureStorSimpleFailoverVolumeContainers コマンドレットを用いてデバイス名「ChewD_App7」のフェールオーバー ボリューム コンテナーを取得します。コマンドは、IsDCGroupEligibleForDR プロパティで $True 以外の値を持つコンテナーをドロップし、Where-Object コマンドレットに結果を渡します。コマンドレットは、現在のコマンドレットへ渡された最初のオブジェクトで選択した Select-Object コマンドレットへ結果を渡します。詳細については、Get-Help Where-Object を入力します。現在のコマンドは、選択されたフェールオーバー ボリューム コンテナーのフェールーバー ジョブを開始します。コマンドは、デバイス名およびターゲット デバイス名を指定します。コマンドは、コマンドレット開始するインスタンス ID を返します。

■関連するトピック

  • Get-AzureStorSimpleFailoverVolumeContainers

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク