Azure PowerShell v4.2.1 がリリースされました

スポンサーリンク
Windows ストア限定

2017/07/18 (現地時間) に Azure PowerShell v4.2.1 がリリースされました。主に Azure PowerShell v4.2.0 で発生していた不具合に対する修正になっている模様です。

Azure PowerShell v4.2.1 について、Microsoft Web Platform (WebPI)MSI インストーラーPowerShell Gallery、および Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットに対する Gallery モジュールから入手、適用することが可能です。

Azure PowerShell v4.2.1 をインストールおよびモジュール インポート後、バージョンが v4.2.1 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v4.2.1 について (意訳)

Azure PowerShell 4.2.1 インストーラー : リンク

ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットに対する Gallery モジュール : リンク

このリリースにおける変更点

  • Compute
    • VM ディスク、および VM ディスク スナップショットの作成と更新コマンドレットの問題を修正 : リンク
      • New-AzureRmDisk
      • New-AzureRmSnapshot
      • Update-AzureRmDisk
      • Update-AzureRmSnapshot
  • Profile
    • RDFE における非インタラクティブ ユーザー認証の問題を修正 : リンク
  • ServiceManagement
    • 非インタラクティブ ユーザー認証の問題を修正 : リンク

参考

コメント

  1. […] Azure PowerShell v4.2.1 がリリースされました […]