Azure PowerShell – Az モジュール v2.4.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Quantum_Break

2019/07/02 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v2.4.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.4.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.4.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v2.4.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v2.4.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.4.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.4.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

リリース ノート

Az.Accounts

  • profile コマンドレットのサポートの追加
  • 生成されたコマンドレットに環境およびデータ プレーンのサポートを追加
  • Windows PowerShell のデータ プレーン コマンドレットで誤ったエンドポイントが使用されていた問題を修正

Az.Advisor

  • Az.Advisor の GA リリース
  • このモジュールは、ロールアップ Az モジュールの一部として含まれる

Az.ApiManagement

  • issue #8671 を修正
    • Get-AzApiManagementSubscription
      • User および Product 別にサブスクリプションをクエリするためのサポートを追加
      • Scope ‘/’、 ‘/apis’、 ‘/apis/echo-api’ を用いてクエリするためのサポートを追加
  • issue #9307 および #8432 を修正
    • Import-AzApiManagementApi
      • Apis をインポートする際に ‘ApiVersion’ および ‘ApiVersionSetId’ を指定するためのサポートを追加

Az.Automation

  • Set-AzAutomationConnectionFieldValue コマンドレットの文字列値の処理に関する不具合を修正

Az.Compute

  • New-AzImageConfig に HyperVGeneration パラメーターを追加

Az.DataFactory

  • Select-Object パイプをサポートするために get アクティビティの実行、パイプラインの実行、および get トリガーの実行を出力する ADF コマンドレットを更新

Az.EventGrid

  • ‘New-AzEventGridSubscription’ ドキュメントの誤字を修正

Az.IotHub

  • 承認ポリシー キーを再生成するためのサポートを追加

Az.Network

  • パブリック IP タグに  ‘RoutingPreference’ を追加しました
  • ‘Get-AzNetworkServiceTag’ 参照ドキュメントの例を改善

Az.PolicyInsights

  • Get-AzPolicyState の null 参照問題を修正
    • 詳細な情報については、#9446 を参照

Az.OperationalInsights

  • Get-AzOperationalInsightsDataSource に返される CustomLog データソース モデルを修正

Az.RecoveryServices

  • IaaSVM の get-policy コマンドを修正

Az.Resources

  • Get-AzPolicyState -Top パラメーターのヘルプ テキストを修正
  • Get-AzPolicyAlias のクライアント側ページング サポートを追加
  • Set-AzPolicyAssignment、-PolicyParameters、および -PolicyParametersObject の新しいパラメーターを追加
  • Handful of doc and example updates for Policy cmdlets
    Policy コマンドレットのいくつかのドキュメントおよび例を更新

Az.ServiceBus

  • issue #4938 を修正 : MaxSizeInMegabytes を設定した際に New-AzureRmServiceBusQueueがBadRequest を返す

Az.Sql

  • プレビュー リリースからパブリック リリースへのインスタンス フェールオーバー グループ コマンドレットを追加
  • 新しいコマンドレットを使用して Azure SQL Server\Database Auditing をサポート :
    • Set-AzSqlServerAudit
    • Get-AzSqlServerAudit
    • Remove-AzSqlServerAudit
    • Set-AzSqlDatabaseAudit
    • Get-AzSqlDatabaseAudit
    • Remove-AzSqlDatabaseAudit
  • Vulnerability Assessment 設定からメールの制限を削除

Az.Storage

  • 次のコマンドレットの 2 つのパラメーター ‘-IndexDocument’ および ‘-ErrorDocument404Path’ を required から optional に変更 :
    • Enable-AzStorageStaticWebsite
  • 例を追加することによる Get-AzStorageBlobContent のヘルプを更新
  • コマンドレットが StorageException で失敗した際に、より多くのエラー情報を表示
  • Azure Files AAD DS 認証によるストレージ アカウントの作成、もしくは更新をサポート
    • New-AzStorageAccount
    • Set-AzStorageAccount
  • ファイル共有、ファイル ディレクトリ、またはファイルの一覧、およびクローズ ファイル ハンドルをサポート
    • Get-AzStorageFileHandle
    • Close-AzStorageFileHandle

Az.StorageSync

  • このモジュールは、ロールアップ Az モジュールの一部として含まれる

参考