Azure PowerShell – Az モジュール v4.4.0 がリリースされました

2020/07/14 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v4.4.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v4.4.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v4.4.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v4.4.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v4.4.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v4.4.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v4.4.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.4.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.4.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.4.0-centos-7
スポンサーリンク

リリース ノート (4.4.0 – July 2020)

Az.Accounts

  • 新しいコマンドレット ‘Invoke-AzRestMethod’ を追加
  • ‘Start-Job’ を用いた複数の Azure PowerShell コマンドレットの実行など、マルチプロセス シナリオで認証エラーが発生する可能性がある問題を修正 [#9448]

Az.Aks

  • ‘Get-AzAks’ がすべてのクラスターを取得しない不具合を修正 [#12296]

Az.AnalysisServices

  • 認証へのプロジェクト参照を削除

Az.Automation

  • エスケープ文字を含む文字列を json オブジェクトに変換できない問題を修正

Az.Compute

  • ‘latest’ イメージ バージョンなしで ‘New-AzVmss’ を使用する場合の警告を追加

Az.DataFactory

  • Data Factory にグローバル パラメーターを追加

Az.EventGrid

  • 2020-06-01 API バージョンを使用するよう、アップデート
  • 次の新しい機能を追加 :
    • Input mapping
    • Event Delivery Schema
    • Private Link
    • Cloud Event V10 Schema
    • Service Bus Topic As Destination
    • Azure Function As Destination
    • WebHook Batching
    • Secure webhook (AAD サポート)
    • IpFiltering
  • 次のコマンドレットをアップデート :
    • ‘New-AzEventGridSubscription’/’Update-AzEventGridSubscription’ :
      • Webhook Batching をサポートする新しいオプション パラメーターを追加
      • AAD を用いた Secure webhook をサポートする新しいオプション パラメーターを追加
      • Azure Function As Destination と Service Bus Topic As Destination をサポートする EndpointType パラメーターの新しい列挙型を追加
      • Delivery Schema 用の新しいオプション パラメーターを追加
    • ‘New-AzEventGridTopic’/’Update-AzEventGridTopic’ と ‘New-AzEventGridDomain’/’Update-AzEventGridDomain’ :
      • IpFiltering をサポートする新しいオプション パラメータを追加
    • ‘New-AzEventGridTopic’/’New-AzEventGridDomain’ :
      • Input mapping をサポートする新しいオプション パラメーターを追加

Az.FrontDoor

  • API 2020-05-01 を用いるよう、モジュールをアップデート
  • Storage、KeyVault、および and Web App Service リソースの Private Link サポートを追加

Az.HDInsight

  • ナショナル クラウドでの ADLSGen1/2 ストレージを用いたクラスターの作成をサポート

Az.Monitor

  • メトリック、もしくはログが null の場合の ‘Get-AzDiagnosticSetting’ の不具合を修正 [#12272]

Az.Network

  • VWan HubVnet 接続のパラメーター swap を修正
  • Azure Network Virtual Appliance Sites 用の新しいコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzVirtualApplianceSite’
    • ‘New-AzVirtualApplianceSite’
    • ‘Remove-AzVirtualApplianceSite’
    • ‘Update-AzVirtualApplianceSite’
    • ‘New-AzOffice365PolicyProperty’
  • Azure Network Virtual Appliance 用の新しいコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzNetworkVirtualAppliance’
    • ‘New-AzNetworkVirtualAppliance’
    • ‘Remove-AzNetworkVirtualAppliance’
    • ‘Update-AzNetworkVirtualAppliance’
    • ‘Get-AzNetworkVirtualApplianceSku’
    • ‘New-AzVirtualApplianceSkuProperty’
  • Private Link Common コマンドレットに Application Gateway をオンボーディング
  • Private Link Common コマンドレットに StorageSync をオンボーディング
  • Private Link Common コマンドレットに SignalR をオンボーディング

Az.RecoveryServices

  • 認証へのプロジェクト参照を削除
  • Azure Backup の調整されたコマンドレットのヘルプ テキストをより正確化
  • Azure Backup の ‘Get-AzRecoveryServicesBackupJob’ コマンドレットを用いて MAB エージェント ジョブをフェッチするためのサポートを追加

Az.Resources

  • SDK を使用するために ‘Save-AzResourceGroupDeploymentTemplate’ をアップデート
  • ‘Unregister-AzResourceProvider’ コマンドレットを追加

Az.Sql

  • Set-AzSqlInstanceActiveDirectoryAdministrator コマンドレットでサービス プリンシパルとゲスト ユーザーのサポートを追加
  • Data Classification コマンドレットの不具合を修正
  • Azure SQL Managed Instance フェールオーバーのサポートを追加 :
    • ‘Invoke-AzSqlInstanceFailover’

Az.Storage

  • いくつかのデータ プレーン コマンドレットに UserAgent が追加されない問題を修正
  • MinimumTlsVersion と AllowBlobPublicAccess を持つストレージ アカウントを作成/更新をサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount’
  • ストレージ アカウントの Blob サービスのバージョニングの有効化/無効化をサポート
    • ‘Update-AzStorageBlobServiceProperty’
  • Blob バージョンを持つ Blob の一覧表示をサポート
    • ‘Get-AzStorageBlob’
  • 単一の Blob スナップショット、もしくは Blob バージョンの取得/削除をサポート
    • ‘Get-AzStorageBlob’
    • ‘Remove-AzStorageBlob’
  • Azure.Storage.Blobs V12 から生成された Blob オブジェクトからのパイプラインをサポート
    • ‘Get-AzStorageBlobContent’
    • ‘New-AzStorageBlobSASToken’
    • ‘Remove-AzStorageBlob’
    • ‘Set-AzStorageBlobContent’
    • ‘Start-AzStorageBlobCopy’

Az.StorageSync

  • APIVersion 2020-03-01 をターゲットとする新しいバージョンの StorageSync SDK を追加
  • Update Storage Sync Service コマンドレットを追加
    • ‘Set-AzStorageSyncService’
  • StorageSyncService コマンドレットに IncomingTrafficPolicy と PrivateEndpointConnections を追加

Az.Websites

  • App Service プランと同じリソース グループにないスロットの操作を実行するためのサポートを追加

参考 URL

Azure PowerShell Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました