Microsoft Azure Storage Explorer v1.21.1 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/09/23 に Azure Storage Explorer の最新版である v1.21.1 がリリースされました。

今回はマイナー バージョンアップのため、v1.21.0 からの変更点 (Hotfix) のみを記載しますが、v1.21.0 については、先日投稿した以下のエントリをご確認ください。

スポンサーリンク

Azure Storage Explorer v1.21.1 について (意訳)

リリースノートには特に記載はされていませんでしたが、Azure Storage Explorer 内で動作する AzCopy のバージョンが v10.12.2 にアップデートされています。

September 2021 (Version 1.21.1, build 20210921.5)

このリリース (v1.21.0) では、いくつかの問題が修正されています。

このリリースおよび v1.21.0 には、セカンダリ エンドポイントのサポート、Blob 表示のアップデート、時間と日付の表示方法の変更、ADLS Gen2 のSoft Delete 機能サポートなど、多くの新機能が含まれています。すべての主要な変更の詳細な情報は、こちらをご確認ください。

対応、修正された issue

  • A conflict dialog pops up when uploading one folder to a file share #4947
  • An error occurs when adding one custom environment if the ‘Use app proxy settings’ is applied #4938
  • Missing directories in Gen2 explorer #4931
  • Accessing a File Share on a Storage Account with an app specific proxy results in a timeout issue #4930
  • The current version doesn’t display the directory name after promoting its previous version at the root level (Flat mode) #4907
  • A blob can be overwritten by a different type of blob with the same name under an Azure AD attached blob container #4895
スポンサーリンク

関連サイト

Azure Storage

コメント

タイトルとURLをコピーしました