Azure PowerShell v6.5.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

2018/07/17 (現地時間) に Azure PowerShell v6.5.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v6.5.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery モジュール経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v6.5.0 をインストールおよびモジュール インポート後、AzureRM モジュールのバージョンが v6.5.0 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v6.5.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell v6.5.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell v6.5.0 インストーラー (x86) : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force 

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

前回のリリースからの変更点

AzureRM.Profile

  • ‘Get-AzureRmContextAutosaveSetting’ のヘルプを更新

Azure.Storage

  • 書き込み専用の Sas トークンを使用した Blob、もしくは File のアップロードをサポート
    • Set-AzureStorageBlobContent
    • Set-AzureStorageFileContent

AzureRM.AnalysisServices

  • Add required property ResourceGroupName to AS.

AzureRM.Automation

  • ‘New-AzureRMAutomationSchedule’ におけるヘルプの更新と例の追加

AzureRM.Compute

  • Update/New-AzureRmAvailabilitySet に -Tag パラメーターを追加
  • ‘Add-AzureRmVmssExtension’ の例を追加
  • ‘Remove-AzureRmVmssExtension’ の例を追加
  • ‘Set-AzureRmVMAccessExtension’ のヘルプを更新
  • デフォルトで SinglePlacementGroup を false に設定するために AzureRmVmss の SimpleParameterSet を更新、および単一の配置グループで VMSS を作成するためにユーザーがを有効にするスイッチパラメータ ‘ SinglePlacementGroup ‘ を追加

AzureRM.EventHub

  • レプリケーションの進行中に保留中のレプリケーション操作数を示すPSServiceBusDRConfigurationAttributes クラスに読み取り専用プロパティ ‘PendingReplicationOperationsCount’ を追加

AzureRM.KeyVault

  • Set-AzureRmKeyVaultAccessPolicy のエラー メッセージを更新

AzureRM.LogicApp

  • New-AzureRmLogicApp の “parameter set could not be resolved” エラーを修正

AzureRM.Network

  • Set/Add-AzureRmVirtualNetworkPeering
    において、複数 Tenant の Virtual Network 間のピアリングを有効化
  • Application Gateway について、以下のコマンドレットを更新
    • New-AzureRmApplicationGateway : Added EnableFIPS フラグと Zones サポートを追加
    • New-AzureRmApplicationGatewaySku : 新しい SKU Standard_v2 と WAF_v2
      を追加
    • Set-AzureRmApplicationGatewaySku : 新しい SKU Standard_v2 と WAF_v2 を追加
  • 最新の生成バージョンを持つ RouteTable コマンドレットを再生成

AzureRM.Relay

  • markdown ファイルを更新、例のパラメーター名問題を修正

AzureRM.Resources

  • Roleassignment と roledefinition コマンドレットを更新:
    • ページングの一部として行われる追加の roledefinition の呼び出しを削除
  • Get-AzureRmRoleAssignment コマンドレットを修正
    • -ExpandPrincipalGroups コマンド パラメーター機能を修正
  • ‘-ResourceType’ パラメータが大文字小文字を区別した ‘Get-AzureRmResource’ で問題を修正

AzureRM.ServiceBus

  • Aコマンドレットをリスト化するために top および skip パラメーターを追加
  • Standard to Premium NameSpace 移行コマンドレットを追加 :
    • Start-AzureRmServiceBusMigration
    • Get-AzureRmServiceBusMigration
    • Complete-AzureRmServiceBusMigration
    • Stop-AzureRmServiceBusMigration
    • Remove-AzureRmServiceBusMigration
  • レプリケーションの進行中に保留中のレプリケーション操作数を示すPSServiceBusDRConfigurationAttributes クラスに読み取り専用プロパティ ‘PendingReplicationOperationsCount’ を追加

AzureRM.ServiceFabric

  • ‘New-AzureRmServiceFabricCluster’ の例を更新

AzureRM.Sql

  • SQL Server インスタンス、もしくは Managed インスタンスに TDE 証明書を追加するために顧客を許可する Management.Sql に対する新しいコマンドレットを追加
    • Add-AzureRmSqlServerTransparentDataEncryptionCertificate
    • Add-AzureRmSqlManagedInstanceTransparentDataEncryptionCertificate

AzureRM.Websites

  • Set-AzureRmWebApp -AssignIdentity と Set-AzureRmWebAppSlot -AssignIdentity について、false に設定した場合、サイト オブジェクトから Identity プロパティが削除される。preview タグも同様
  • Get-AzureRmWebAppMetrics、および Get-AzureRmAppServicePlanMetrics の例を更新
  • Set-AzureRmWebApp -PhpVersion は、有効な php バージョンとして off をサポート

前回のリリースからの変更点 : v6.4.0-July2018…v6.5.0-July2018

参考

コメント

  1. […] Azure PowerShell v6.5.0 がリリースされました […]