Azure PowerShell – Az モジュール v1.8.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Windows ストア限定

2019/04/23 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v1.8.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v1.8.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v1.8.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v1.8.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v1.8.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v1.8.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v1.8.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

リリース ノート

Az.Accounts

  • Mac 上でモジュールを正しく削除するよう、Uninstall-AzureRm を更新

Az.Batch

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.Cdn

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.CognitiveServices

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.Compute

  • ディスクのリソース ID がリソース ID 内に小文字のリソース グループがある場合における、AEM インストールの問題を修正
  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止
  • ワイルドカードに関するドキュメントを修正

Az.DataFactory

  • NodeCount がマネージド統合ランタイムに対して null でない場合は、SsisProperties を追加

Az.DataLakeStore

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.EventGrid

  • create/update イベント サブスクリプション コマンドレットの使用前にリソースを作成する必要がある旨を示すエンドポイントのヘルプ テキストを更新

Az.EventHub

  • Namespace の NetworkRuleSet に関する新しいコマンドレットを追加

Az.HDInsight

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.IotHub

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.KeyVault

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止
  • ワイルドカードに関するドキュメントを修正

Az.MachineLearning

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.Media

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.Monitor

  • GenV2 (非クラシック) メトリック ベースのアラート ルールのための新しいコマンドレット
    • New-AzMetricAlertRuleV2DimensionSelection
    • New-AzMetricAlertRuleV2Criteria
    • Remove-AzMetricAlertRuleV2
    • Get-AzMetricAlertRuleV2
    • Add-AzMetricAlertRuleV2
  • Monitor SDK をバージョン 0.22.0-preview に更新

Az.Network

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止
  • ワイルドカードに関するドキュメントを修正

Az.NotificationHubs

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.OperationalInsights

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.PowerBIEmbedded

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.RecoveryServices

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止
  • Azure VM 内の SQL に対するテーブル フォーマットを更新
  • AzureFileShare でロケーションを取得するための代替メソッドを追加
  • タイムゾーンにしたがい SchedulePolicy オブジェクトの ScheduleRunDays を更新

Az.RedisCache

  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止

Az.Resources

  • ワイルドカードに関するドキュメントを修正

Az.Sql

  • Monitor SDK への依存を共通のコードに置き換える
  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止
  • 複数列分類の強化プロセス
  • Get-AzSqlServerServiceObjective からの応答に sku プロパティ (sku 名、ファミリー、キャパシティ) を含め、既定でテーブルとしてフォーマットする
  • リージョン内に既存サーバーを必要とせず、ロケーションによって Get-AzSqlServerServiceObjective を実行する機能
  • マネージド インスタンス作成におけるタイムゾーン パラメーターをサポート
  • ワイルドカードに関するドキュメントを修正

Az.Websites

  • 実行時にタグを削除しないよう、Set-AzWebApp および Set-AzWebAppSlot を修正
  • 複数名詞付きのコマンドレットを単数形に更新、複数形の名前を廃止
  • WebSites SDK を更新
  • PSAppServicePlan から AdminSiteName プロパティを削除

参考