Azure PowerShell – Az モジュール v2.5.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

2019/07/30 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v2.5.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.5.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.5.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v2.5.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v2.5.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.5.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.5.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

リリース ノート

Az.Accounts

  • 最新バージョンの ClientRuntime を使用するよう、共通コードを更新

Az.ApplicationInsights

  • ‘Remove-AzApplicationInsightsApiKey’ ドキュメント内の例の誤字を修正

Az.Automation

  • リソース文字列内の誤字を修正

Az.CognitiveServices

  • NetworkRuleSet サポートを追加

Az.Compute

  • VM インスタンス view オブジェクトで不足していたプロパティ (ComputerName、OsName、OsVersion および HyperVGeneration) を追加

Az.ContainerRegistry

  • Replication パラメーターに対する Remove-AzContainerRegistryReplication の誤字を修正
    • 詳細な情報は、#9633 を参照

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK バージョンを 4.1.0 に更新
  • ‘Get-AzDataFactoryV2PipelineRun’ ドキュメント内の誤字を修正

Az.EventHub

  • SAS トークンを生成するための新しいコマンドレットを追加
    • New-AzEventHubAuthorizationRuleSASToken
  • ‘Manage’ のみが割り当てられている場合の authorizationrules 権限に対する検証、およびエラー メッセージを追加

Az.KeyVault

  • 証明書ポリシーに対する KeySize を指定するためのサポートを追加

Az.LogicApp

  • すべてのマップの種類を一覧表示するために Get-AzIntegrationAccountMap を修正
  • フィルタリング用の新しい MapType パラメーターを追加

Az.ManagedServices

  • API バージョン 2019-06-01 (GA) サポートを追加

Az.Network

  • プライベート エンドポイントおよびプライベート リンク サービスのサポートを追加
    • 新しいコマンドレット :
      • Set-AzPrivateEndpoint
      • Set-AzPrivateLinkService
      • Approve-AzPrivateEndpointConnection
      • Deny-AzPrivateEndpointConnection
      • Get-AzPrivateEndpointConnection
      • Remove-AzPrivateEndpointConnection
      • Test-AzPrivateLinkServiceVisibility
      • Get-AzAutoApprovedPrivateLinkService
  • 次の機能に関するコマンドを更新 : Virtualnetwork の Subnet 上の PrivateEndpointNetworkPolicies / PrivateLinkServiceNetworkPolicies フラグ
    • New-AzVirtualNetworkSubnetConfig / Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig / Add-AzVirtualNetworkSubnetConfig を更新
      • このサブネット内のピボット エンドポイントにネットワーク ポリシーを適用するかどうかを指定するオプション パラメーター -PrivateEndpointNetworkPoliciesFlag を追加
      • このサブネットのプライベート リンク サービスにネットワーク ポリシーを適用するかどうかを指定するためのオプション パラメーター -PrivateLinkServiceNetworkPoliciesFlagを 追加
  • AzPrivateLinkService のコマンドレット パラメーター ‘ServiceName’ は、下位互換性のため、エイリアス ‘ServiceName’ を付けて ‘Name’ に名称変更
  • ネットワーク セキュリティ ルール設定用の ICMP プロトコルを有効化
    • コマンドレットを更新
      • Add-AzNetworkSecurityRuleConfig
      • New-AzNetworkSecurityRuleConfig
      • Set-AzNetworkSecurityRuleConfig
  • New-AzVirtualNetworkGatewayConnection の構成可能なパラメーターとしてConnectionProtocolType (Ikev1 / Ikev2) を追加
  • LoadBalancerFrontendIpConfiguration に rivateIpAddressVersion を追加
    • コマンドレットを更新 :
      • New-AzLoadBalancerFrontendIpConfig
      • Add-AzLoadBalancerFrontendIpConfig
      • Set-AzLoadBalancerFrontendIpConfig
  • プローブでカスタム ポートをサポートするため、Application Gateway New-AzApplicationGatewayProbeConfig コマンドを更新
    • New-AzApplicationGatewayProbeConfig を更新 : バックエンド サーバーをプローブするために使用されるオプション パラメーター Port を追加。このパラメーターは、Standard_V2 および WAF_V2 SKU に適用される

Az.OperationalInsights

  • 保存済み検索に対する既定のバージョンが 1 に更新
  • カスタム ログの null 正規表現処理を修正

Az.RecoveryServices

  • ‘Get-AzRecoveryServicesBackupJob.md’ を更新
  • ‘Get-AzRecoveryServicesBackupContainer.md’ を更新
  • ‘Get-AzRecoveryServicesVault.md’ を更新
  • ‘Wait-AzRecoveryServicesBackupJob.md’ を更新
  • ‘Set-AzRecoveryServicesVaultContext.md’ を更新
  • ‘Get-AzRecoveryServicesBackupItem.md’ を更新
  • ‘Get-AzRecoveryServicesBackupRecoveryPoint.md’ を更新
  • ‘Restore-AzRecoveryServicesBackupItem.md’ を更新
  • Azure File Share 登録解除コンテナーのサービス コールを更新
  • ‘Set-AzRecoveryServicesAsrAlertSetting.md’ を更新

Az.Resources

  • ’New-AzResourceGroupDeployment’ ドキュメントで参照されている、不足していたコマンドレットを削除
  • 新しい API バージョン 2019-01-01 を使用するために policy コマンドレットを更新

Az.ServiceBus

  • SAS トークンを生成するための新しいコマンドレットを追加
    • New-AzServiceBusAuthorizationRuleSASToken
  • ‘Manage’ のみが割り当てられている場合の authorizationrules 権限に対する検証、およびエラー メッセージを追加

Az.Sql

  • Set-AzSqlDatabaseSecondary  コマンドレットの間違った例を修正
  • 電子メールアドレスを指定せずに一連の脆弱性評価の繰り返しスキャンを修正
  • 警告メッセージ内の軽微な誤字を修正

Az.Storage

  • 正しいパラメーター名を使用するよう、’Get-AzStorageAccount’ のリファレンス ドキュメントの例を更新

Az.StorageSync

  • Invoke-AzStorageSyncChangeDetection コマンドレットを追加
  • TierFilesOlderThanDays を尊重するため、Issue 9551 を修正

Az.Websites

  • いくつかの SiteConfig プロパティが Get-AzWebApp および Set-AzWebApp によって返されなかった不具合を修正
  • Get-AzDeletedWebApp および Restore-AzDeletedWebApp に新しい Location パラメーターを追加
  • New-AzWebApp -IncludeSourceWebAppSlots を用いた Web アプリのスロットを複製する際の不具合を修正

参考