Azure PowerShell – Az モジュール v4.5.0 がリリースされました

2020/08/04 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v4.5.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v4.5.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v4.5.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v4.5.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v4.5.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v4.5.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v4.5.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.5.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.5.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.5.0-centos-7
スポンサーリンク

リリース ノート (4.5.0 – August 2020)

Az.Accounts

  • パラメーター ‘MaxContextPopulation’ を受け入れる ‘Connect-AzAccount’ をアップデート [#9865]
  • Updated SubscriptionClient のバージョンを 2019-06-01 にアップデートし、テナント ドメインを表示 [#9838]
  • ホーム テナント および managedBy テナントのサブスクリプション情報をサポート
  • テレメトリ データのモジュール名、バージョン情報を修正
  • 環境メタデータ エンドポイントが互換性のない値を返す場合、SqlDatabaseDnsSuffix および ServiceManagementUrl を調整

Az.Aks

  • ‘ServicePrincipalIdAndSecret’ へ ClientIdAndSecret’ を削除し、エイリアスとして ‘ClientIdAndSecret’ を設定 [#12381].
  • Get-AzAksCluster’/’New-AzAksCluster’/’Remove-AzAksCluster’/’Set-AzAksCluster’ へ ‘Get-AzAks’/’New-AzAks’/’Remove-AzAks’/’Set-AzAks’ を削除し、エイリアスとして元のコマンドレットを設定 [#12373].

Az.ApiManagement

  • 新しい ‘Add-AzApiManagementApiToGateway’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementGateway’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementGatewayHostnameConfiguration’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementGatewayKey’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘New-AzApiManagementGateway’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘New-AzApiManagementGatewayHostnameConfiguration’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘New-AzApiManagementResourceLocationObject’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘Remove-AzApiManagementApiFromGateway’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘Remove-AzApiManagementGateway’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘Remove-AzApiManagementGatewayHostnameConfiguration’ コマンドレットを追加
  • 新しい ‘Update-AzApiManagementGateway’ コマンドレットを追加
  • ‘Get-AzApiManagementApi’ コマンドレットに新しい追加 [-GatewayId] パラメーターを追加

Az.CognitiveServices

  • NetworkRules の既定のアクションとして特に ‘Deny’ を使用

Az.FrontDoor

  • Enum.Parse が null値 を Enabled、もしくは Disabled 列挙値に強制変換しようとした際、例外がスローされる問題を修正 [#12344]

Az.HDInsight

  • 暗号化転送機能を持つクラスターの作成をサポート
    • コマンドレット ‘New-AzHDInsightCluster’ に新しいパラメーター ‘EncryptionInTransit’ を追加
    • Aコマンドレット ‘New-AzHDInsightClusterConfig’ に新しいパラメーター ‘EncryptionInTransit’ を追加
  • Private Link 機能を持つクラスターの作成をサポート :
    • コマンドレット ‘New-AzHDInsightCluster’ に新しいパラメーター ‘PublicNetworkAccessType’ および ‘OutboundPublicNetworkAccessType’ を追加
    • コマンドレット ‘New-AzHDInsightClusterConfig’ に新しいパラメーター ‘PublicNetworkAccessType’ および ‘OutboundPublicNetworkAccessType’ を追加
  • ‘New-AzHDInsightCluster’ もしくは ‘Get-AzHDInsightCluster’を呼び出した際、仮想ネットワーク情報を返す
スポンサーリンク

Az.Network

  • ‘Remove-AzExpressRouteCircuitConnectionConfig’ に AddressPrefixType パラメーターのサポートを追加
  • 重大でない変更を追加 : ‘Remove-AzExpressRouteCircutPeeringConfig’ の Private Peering の PeerAddressType 機能
  • AddressPrefixType および PeerAddressType パラメーターの大文字と小文字を無視するよう、コードを変更
  • ‘New-AzLoadBalancerFrontendIpConfig’、’New-AzPublicIpAddress’ および ‘New-AzPublicIpPrefix’ の警告メッセージを修正

Az.OperationalInsights

  • ‘Remove-AzOperationalInsightsworkspace’ に -ForceDelete’ オプションを追加
  • 新しいコマンドレット ‘Get-AzOperationalInsightsDeletedWorkspace’ を追加
  • 新しいコマンドレット ‘Restore-AzOperationalInsightsWorkspace’ を追加

Az.RecoveryServices

  • Azure Backup コンテナー/アイテム検出エクスペリエンスを改善

Az.Resources

  • ‘New-AzRoleAssignment’ にプロパティ ‘Condition’、’ConditionVersion’ および ‘Description’ を追加
    • データ モデルに関連するすべての変更が含まれる

Az.Sql

  • ‘New-AzSqlServer’ および ‘Set-AzSqlServer’ の潜在的なサーバー名の大文字と小文字を区別しないエラーを修正
  • ‘New-AzSqlDatabaseSecondary’ の既存のデータベース エラーで返される間違ったデータベース名を修正

Az.Storage

  • 新しいアクセス許可 x,t を持つコンテナー/Blob SAS トークンの作成をサポート
    • ‘New-AzStorageBlobSASToken’
    • ‘New-AzStorageContainerSASToken’
  • 新しいアクセス許可 x,t,f を持つアカウント SAS トークンの作成をサポート
    • ‘New-AzStorageAccountSASToken’
  • 単一ファイル共有の利用状況の取得をサポート
    • ‘Get-AzRmStorageShare’

参考 URL

Azure PowerShell Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました