Azure PowerShell – Az モジュール v5.6.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/03/02 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v5.6.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v5.6.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v5.6.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v5.6.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v5.6.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v5.6.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v5.6.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.6.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.6.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.6.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.6.0-alpine-3.10
スポンサーリンク

リリース ノート (5.6.0 – March 2021)

Az.Accounts

  • ADFS 資格情報が使用されている場合、Connect-AzAccountが 失敗する問題を修正する Azure.Identity をアップグレード [#13560]

Az.Automation

  • 文字列を正しくシリアル化できない問題を修正 [#14215]
  • Python3 Runbook Type のサポートを追加

Az.Compute

  • Windows マシン用の ‘Set-AzVMOperatingSystem’ コマンドレットに ‘-EnableHotpatching’ パラメーターを追加
  • コマンドレット ‘Set-AzVMOperatingSystem’ の Linux パラメーター セットにパラメーター ‘-PatchMode’ を追加
  • [重大な変更] VM ゲストパッチ機能 (パブリック プレビュー) におけるユーザーに対する重大な変更 :
    • ‘Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.LastPatchInstallationSummary’ オブジェクトからプロパティ ‘RebootStatus’ を削除
    • ‘Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.LastPatchInstallationSummary’ オブジェクトからプロパティ ‘StartedBy を削除
    • ‘Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.VirtualMachineSoftwarePatchProperties’ オブジェクト内のプロパティ ‘Kbid’ から ‘KbId’ に変更
    • Result’ オブジェクト内のプロパティ ‘patches’ から ‘availablePatches’ に変更
    • ‘Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.SoftwareUpdateRebootBehavior’ から ‘Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.VMGuestPatchRebootBehavior’ にオブジェクト名を変更
    • ‘Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.InGuestPatchMode’ から ‘Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.WindowsVMGuestPatchMode’ にオブジェクト名を変更
  • [重大な変更] すべての ‘ContainerService’ コマンドレットを削除 (Container Service API は、2020 年 1 月に非推奨)
    • ‘Add-AzContainerServiceAgentPoolProfile’
    • ‘Get-AzContainerService’
    • ‘New-AzContainerService’
    • ‘New-AzContainerServiceConfig’
    • ‘Remove-AzContainerService’
    • ‘Remove-AzContainerServiceAgentPoolProfile’
    • ‘Update-AzContainerService’

Az.ContainerRegistry

  • Connect-AzContainerRegistry の認証を修正

Az.CosmosDB

  • Account コマンドレットに NetworkAclBypass と NetworkAclBypassResourceIds を導入
  • Update-AzCosmosDBAccount に ServerVersion パラメーターを導入
  • Database Account コマンドレットの BackupInterval と BackupRetentionを導入

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK version 4.14.0 にアップデート

Az.Migrate

  • Az.Migrate が GA
  • 現在実行されている外部スクリプトから、Az.Migrate モジュールのコマンドレットとしてInitialize-AzMigrateReplicationInfrastructure の組み込みを実施
  • New-AzMigrateServerReplication、New-AzMigrateDiskMapping の大文字と小文字を区別しないいくつかのパラメーターを作成
  • 新しい V3 キーを処理するため、スケール アプライアンスの変更のサポートを追加

Az.RecoveryServices

  • FileShare 復元でターゲット ストレージ アカウントの null チェックを追加

Az.Resources

  • Bicep 言語 での Azure リソースのデプロイのサポートを追加
  • ‘New-AzTenantDeployment’ および ‘New-AzManagementGroupDeployment’ の TemplateSpec デプロイメントの問題を修正
  • ‘Test-Az*Deployments’ コマンドレットの ‘-QueryString’ パラメーターのサポートを追加
  • ‘New-Az*Deployments’ が ‘-QueryString’ とともに使用される場合の動的パラメーターの問題を修正
  • ‘-TemplateSpecId’ パラメーターを用いる際の ‘-TemplateParameterObject’ パラメーターのサポートを追加
  • 存在しないテンプレート仕様をデプロイしようとする際、受信した不正確なエラーメッセージを修正

Az.Storage

  • 新しい API version 2021-01-01 をサポートするよう、Microsoft.Azure.Management.Storage 19.0.0 にアップデート
  • NetworkRuleSet のリソース アクセス ルールをサポート
    • ‘Update-AzStorageAccountNetworkRuleSet’
    • ‘Add-AzStorageAccountNetworkRule’
    • ‘Remove-AzStorageAccountNetworkRule’
  • Management Policy の Blob バージョンと Append Blob の種類をサポート
    • ‘Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction’
    • ‘New-AzStorageAccountManagementPolicyFilter’
    • ‘Set-AzStorageAccountManagementPolicy’
  • AllowSharedKeyAccess を持つアカウントの作成/更新をサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount’
  • RequireInfrastructureEncryption を持つ Encryption Scope の作成をサポート
    • ‘New-AzStorageEncryptionScope’
  • 暗号化スコープを用いて、Block Blob の同期なコピーをサポート
    • ‘Copy-AzStorageBlob’
  • Linux および MacOS で Get-AzStorageBlobContent が間違ったディレクトリ区切り文字を使用する問題を修正 [#14234]

Az.Websites

  • ‘Publish-AzWebApp’ にカスタム タイムアウトを与えるオプションを導入
  • AApp Service Environment のサポートを追加
    • ‘New-AzAppServiceEnvironment’
    • ‘Remove-AzAppServiceEnvironment’
    • ‘Get-AzAppServiceEnvironment’
    • ‘New-AzAppServiceEnvironmentInboundServices’
スポンサーリンク

コミュニティの貢献者に感謝

  • @alunmj
    • 小さな表記、フォーマットを変更 (#14155)
  • @chakra146
    •  Add-AzLoadBalancerInboundNatPoolConfig.md をアップデート (#14231)
  • Martin Ehrnst (@ehrnst)
    • コマンドレット内の誤字を修正 (#14112)
  • Jan David Narkiewicz (@jdnark)
    • 例では、レガシー コマンドレットである New-AzAksとNew-AzAksCluster のエイリアスを使用。このドキュメント ページが対象とするコマンドレット New-AzAksCluster を使用するように例を変更 (#14088)
    • 誤字を修正 : SshKeyVaule を SshKeyValue に変更 (#14087)
  • Ivan Kulezic (@kukislav)
    • SQL MI メンテナンス構成の例を追加 (#14216)
  • @webguynj
    • Set-AzNetworkSecurityRuleConfig.md をアップデート (#14176)
  • Yannick Dils (@yannickdils)
    • ロード バランサーに変更を適用するコマンドラインを例に追加 (#14185)

参考 URL

Azure PowerShellMicrosoft Azure
タイトルとURLをコピーしました