Azure PowerShell v6.6.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Windows ストア限定

2018/07/31 (現地時間) に Azure PowerShell v6.6.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v6.6.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery モジュール経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v6.6.0 をインストールおよびモジュール インポート後、AzureRM モジュールのバージョンが v6.6.0 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v6.6.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell v6.6.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell v6.6.0 インストーラー (x86) : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force 

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

前回のリリースからの変更点

全般

  • 完全なパラメーターの種類が含まれるよう、および正しい入力/出力型が含まれるよう、すべてのヘルプを更新

AzureRM.Profile

  • リソースの現在の設定がターゲットリソースと互換性があることを検証できるように、Common.Strategy ライブラリを更新。既定では常に true であり、個々のリソースを使用および既定をオーバーライドする
  • Common.Storage に ps1xml 型を追加

Azure.Storage

  • DefaulfProfile から Storage Context を取得するよう、サポート
  • コマンドレット出力型プロパティに Ps1XmlAttribute を追加

AzureRM.ApiManagement

  • 問題 #6370 を修正
    • PsApiManagementApi から ApiContract への変換するための Automapper の不具合を修正
  • 問題 #6515 を修正
    • エンコード タイプでオーバーロードしないように File.Save の不具合を修正
  • 問題 #6560 を修正
    • apiId 上のパターン例外を修正する 4.0.3 Nuget バージョンにアップグレード

AzureRM.Compute

  • PremiumLRS ストレージ アカウントの種類の変更により、New-AzureRmVm でDiskFileParameterSet を使用して VM を作成できない問題を修正
  • Invoke-AzureRmVMRunCommand コマンドレットを修正
  • サブスクリプション内のすべての可用性セットを一覧表示できるよう、Get-AzureRmAvailabilitySetを更新 (ResouceGroupName パラメーターはオプション)。
  • 適格な vm で Accelerated Network を有効にするよう、’New-AzureRmVm’ の SimpleParameterSet を更新
  • ユーザーが指定した LB がすでに存在する場合、vm を作成できないように設定するよう、New-AzureRmVmss シンプル パラメーター セットを更新
  • New-AzureRmDisk の例を更新
  • ‘New-AzureRmVM’ の例を追加
  • Set-AzureRmVMOSDisk の説明を更新
  • 正しい記述およびプレフィックスとなるよう、Set-AzureRmVMBginfoExtension の例 1 を更新

AzureRM.DataFactoryV2

  • ADF .Net SDK バージョンを 1.1.0 に更新
  • データ ファクトリ間で、セルフホスト型の統合ランタイム共有をサポート
    • Set-AzureRmDataFactoryV2IntegrationRuntime コマンドレットに新しいパラメーター -SharedIntegrationRuntimeResourceId を追加
    • Remove-AzureRmDataFactoryV2IntegrationRuntime コマンドレットに新しい追加パラメーター -LinkedDataFactoryName を追加

AzureRM.DataLakeStore

  • DataPlane SDK (Microsoft.Azure.DataLake.Store) バージョンを 1.1.9 に更新

AzureRM.EventHub

  • 削除コマンドレットの InputObject と ResourceId のパイプを更新

AzureRM.Insights

  • ヘルプ ファイルの OutputType フォーマットを修正
  • Microsoft.Azure.Management.Monitor SDK 0.19.1-preview を使用

AzureRM.KeyVault

  • Set-AzureRmKeyVaultAccessPolicy のパイプ問題を修正

AzureRM.Network

  • LoadBalancerInboundNatPoolConfig コマンドレットの例を追加

AzureRM.Resources

  • ‘Get-AzureRmResource’ のタグ名と値の両方を指定するときの問題を修正
  • ‘Set-AzureRmResource’ のパイプ シナリオを修正

AzureRM.ServiceBus

  • 削除コマンドレットの InputObject と ResourceId のパイプを更新
  • いくつかの問題を修正

AzureRM.Sql

  • 次のコマンドレットについて、Server Advanced Threat Protection サポートを追加 :
    • Enable-AzureRmSqlServerAdvancedThreatProtection
    • Disable-AzureRmSqlServerAdvancedThreatProtection
    • Get-AzureRmSqlServerAdvancedThreatProtectionPolicy
  • 次のコマンドレットについて、Vulnerability Assessment サポートを追加 :
    • Update-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentSettings
    • Get-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentSettings
    • Clear-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentSettings
    • Set-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentRuleBaseline
    • Get-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentRuleBaseline
    • Clear-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentRuleBaseline
    • Convert-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentScan
    • Get-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentScanRecord
    • Start-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentScan
  • Remove-AzureRmSqlServerFirewallRule の例を修正
  • Get-AzureSqlSyncGroupLog の非 us ベース言語の正しくない日付時刻ハンドリングを修正

AzureRM.Storage

  • コマンドレット出力型プロパティに Ps1XmlAttribute を追加
  • テーブル ビューに StorageAccount コマンドレット出力を表示
    • Get-AzureRmStorageAccount
    • New-AzureRmStorageAccount
    • Set-AzureRmStorageAccount

AzureRM.Tags

  • Tag コマンドレットのヘルプから間違った文を削除
    #3878

前回のリリースからの変更点 : v6.5.0-July2018…v6.6.0-July2018

参考