Azure PowerShell – Az モジュール v6.3.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/08/03 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v6.3.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v6.3.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v6.3.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v6.3.0 となっていることが確認できます。

スポンサーリンク

Az モジュール v6.3.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v6.3.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v6.3.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.3.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.3.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.3.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.3.0-alpine-3.10

リリース ノート (6.3.0 – August 2021)

Az.Accounts

  • Windows および macOS でトークン キャッシュの永続性が失敗した場合のコンテキストの自動保存を無効化
  • テレメトリ レコード内に PowerShell バージョンを追加
  • 2.4.0 から 2.12.0 に Microsoft.ApplicationInsights をアップグレード
  • Azure.Core 1.16.0 にアップデート

Az.Aks

  • ‘Start-AzAksCluster’、’Stop-AzAksCluster’、’Get-AzAksUpgradeProfile’ および ‘Get-AzAksNodePoolUpgradeProfile’ を追加 [#14194]
  • ‘Get-AzAksCluster’ の出力にプロパティ ‘IdentityProfile’ を追加 [#12546]

Az.CognitiveServices

  • [重大な変更] IdentityType から ResourceIdentityType に PSCognitiveServicesAccount.Identity.Type のタイプを変更
  • [重大な変更] PSCognitiveServicesAccount.Sku.Tier from SkuTier から string に PSCognitiveServicesAccount.Sku.Tier のタイプを変更
  • [重大な変更] PrivateLinkServiceConnectionState から ActionRequired を削除
  • 2021-04-30 version を利用するように PowerShell をアップデート
  • ‘Undo-AzCognitiveServicesAccountRemoval’ コマンドレットを追加
  • ‘New-AzureCognitiveServicesAccount’ と ‘Set-AzureCognitiveServicesAccount’ にパラメーター ‘-RestrictOutboundNetworkAccess’、’-AllowedFqdnList’、’-DisableLocalAuth’、’-KeyVaultIdentityClientId’、’-IdentityType’、’-UserAssignedIdentityId’ を追加
  • ‘Remove-AzureCognitiveServicesAccount’ と ‘Get-AzureCognitiveServicesAccount’ にパラメーター ‘-InRemovedState’、’-Location’ を追加

Az.Compute

  • ユーザーが SKU サイズを指定した場合でも、VM の SKU がデフォルトになっていることを示す ‘New-AzVM’ コマンドレットの警告を修正。現在は、ユーザーが SKU サイズを指定しない場合にのみ発生する
  • Edited ‘Set-AzVmOperatingSystem’ cmdlet to no longer overwrite any existing EnableAutomaticUpdates value on the passed in virtual machine if it exists.
    渡された仮想マシン上の既存の EnableAutomaticUpdates 値が存在する場合にそれを上書きしないよう、’Set-AzVmOperatingSystem’ コマンドレットを編集
  • 最新の .Net SDK version 48.0.0 を使用するよう、Compute モジュールをアップデート
  • Capacity Reservation Feature の新しいコマンドレットを追加 :
    • ‘New-AzCapacityReservationGroup’
    • ‘Remove-AzCapacityReservationGroup’
    • ‘Get-AzCapacityReservationGroup’
    • ‘New-AzCapacityReservation’
    • ‘Remove-AzCapacityReservation’
    • ‘Get-AzCapacityReservation’
  • 次のコマンドレットに新しいパラメーター ‘-CapacityReservationGroupId’ を追加 :
    • ‘New-AzVm’
    • ‘New-AzVmConfig’
    • ‘New-AzVmss’
    • ‘New-AzVmssConfig’
    • ‘Update-AzVm’
    • ‘Update-AzVmss’

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK version 4.21.0 にアップデート

Az.Migrate

  • SQL Server ライセンス タイプを追加
  • CRN 機能を追加
  • リソース タグ機能を追加
  • 2021-02-10 API バージョンにアップデート

Az.Monitor

  • ‘Add-AzAutoscaleSetting’ パラメーター セット  ‘AddAzureRmAutoscaleSettingUpdateParamGroup’ のパラメーター  ‘ResourceGroupName’ を追加とオプション化 [#15491]

Az.RecoveryServices

  • V1 資格情報コンテナー用のアーカイブを追加
  • Get-AzRecoveryServicesBackupProtectionPolicy に ProtectedItemsCount を追加
  • Azure site recovery bug fix for azure to azure in update vm properties.
    アップデート VM プロパティでの azure to azure における Azure Site Recovery の不具合を修正

Az.RedisCache

  • A’New-AzRedisCache’ と ‘Set-AzRedisCache’ に ‘RedisVersion’ パラメーターを追加

Az.Resources

  • Fixed bug with ‘PSResource’ where some constructors left ‘SubscriptionId’ property unassigned/null.
    一部のコンストラクター ‘PSResource’ プロパティを unassigned/null のままにしていた ‘PSResource’ の不具合を修正 [#10783]
  • Bicep ファイルでテンプレート仕様を作成および更新するためのサポートを追加 [#15313]
  • 作成コマンドを展開するための ‘-ProceedIfNoChange’ パラメーターを追加

Az.ServiceFabric

  • すべての新しいプロパティを取得するよう、コンストラクターを更新することにより、マネージドおよびクラシック アプリケーション モデル (アプリケーション、クラスター、サービス) を修正
    • これにより、Get コマンドレット呼び出しから直接結果をパイプし、Update もしくは Set 呼び出しで意図的に設定されたプロパティを削除、パイプ関連の問題が解決される
    • 上記のケースをカバーするための適切なテストファイルをアップデート

Az.Sql

  • ‘Set-AzSqlServer’ と ‘Set-AzSqlInstance’ の ID ロジックを修正

Az.Storage

  • Blob Last Access Time をサポート
    • ‘Enable-AzStorageBlobLastAccessTimeTracking’
    • ‘Disable-AzStorageBlobLastAccessTimeTracking’
    • ‘Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction’
  • ユーザーがチャンクごとに一覧表示する必要がなく、’Get-AzDataLakeGen2ChildItem’ がデフォルトですべての datalake gen2 アイテムを一覧表示するように対応
  • プレフィックス ‘?’ なしで sas を用いた場合、BlobProperties が空になる問題を修正 [#15460]
  • 小さな blob の同期コピーの失敗を修正 [#15548]
    • ‘Copy-AzStorageBlob’

Az.Websites

  • Fixed ‘Add-AzWebAppAccessRestrictionRule’ failing when users does not have permissions to get Service Tag list #15316 and #14862
    ユーザーがサービス タグ リスト (#15316 および #14862) を取得する権限を持っていない場合、”Add-AzWebAppAccessRestrictionRule” が失敗する問題を修正

コミュニティの貢献者に感謝

  • Borys Generalov (@bgener)
    • Get-AzPolicyState.md をアップデート (#15455)
  • Dean Mock (@deanmock)
    • New-AzAutomationSchedule.md をアップデート (#15371)
  • John Bevan (@JohnLBevan)
    • #10783 : Get-AzResourceが null 値で SubscriptionId で PSResourceを返す問題を修正 (#15106)
  • Michael Mejias Sanchez (@mikemej)
    • アップデート : デプロイメントのアップデート (外部 VNET) をアップデート (#15391)
  • @mjsharma
    • 代替コマンドに関する注記を追加 (#15360)
  • Ked Mardemootoo (@nocticdr)
    • 明確にするためにいくつかのタイプ ミスを修正 (#15428)
  • Pascal Berger (@pascalberger)
    • Sync-AzVirtualNetworkPeering の例にあるパラメーター名を修正 (#15493)
  • @rcabr
    • Get-AzStorageContainer 内のドキュメントを修正 (#15476)
  • AAron (@S-AA-RON)
    • New-AzNetworkSecurityGroup.md をアップデート (#15512)
  • 坂本ポテコ (@sakamoto-poteko)
    • New-AzVMConfig.md をアップデート (#15376)
  • @Shawn-Yuen
    • Remove-AzDataLakeGen2Item.md をアップデート (#15388)
スポンサーリンク

参考サイト

Azure PowerShell

コメント

タイトルとURLをコピーしました