Azure PowerShell v6.7.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

2018/08/14 (現地時間) に Azure PowerShell v6.7.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v6.7.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery モジュール経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v6.7.0 をインストールおよびモジュール インポート後、AzureRM モジュールのバージョンが v6.7.0 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v6.7.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell v6.7.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell v6.7.0 インストーラー (x86) : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force 

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

前回のリリースからの変更点

全般

  • Azure ClientRuntime を最新のバージョンに更新

AzureRM.Profile

  • コンテキストがクラッシュしないよう、既定のコンテキスト名にユーザー ID を追加
  • コンテキストの選択に関する問題を引き起こした Clear-AzureRmContext の問題を修正
  • テナント ドメインが ‘Connect-AzureRmAccount’ の ‘-TenantId’ パラメーターに渡されるようにする

Azure.Storage

  • Azure File Share クォータの 5 TB 制限を削除
    • Set-AzureStorageShareQuota

AzureRM.Compute

  • New-AzureRmVmssConfig に EvictionPolicy パラメーターを追加
  • Location が指定されていない場合、New-AzureRmVmのDiskFileParameterSet の既定の場所を使用
  • Save-AzureRmVMImage のパラメーター説明を修正
  • 特定の単一パス関連のシナリオにおいて、Get-AzureRmVMDiskEncryptionStatus コマンドレットを修正

AzureRM.DataLakeStore

  • PowerShell のコマンドラインから DebugPreference を設定したときのデバッグを修正
  • Set-AzureRmDataLakeStoreItemAcl の例を更新
  • Set-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry の例を更新

AzureRM.Network

  • Set-AzureRmLocalNetworkGateway の例を追加
  • Add-AzureRmVirtualNetworkGatewayIpConfig、Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnectionSharedKey、および New-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection の例と説明を追加
  • Remove-AzureRmVirtualNetworkGatewayIpConfig、および Reset-AzureRmVirtualNetworkGateway の例を追加
  • Reset-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnectionSharedKey の例を追加
  • Set-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnectionSharedKey の例を追加
  • Set-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection の例を追加
  • 最新のコード ジェネレーターを用いて、ApplicationSecurityGroup、RouteTable、およびUsage コマンドレットを再生成
  • exitc でないサブネットを取得しようとする場合、Get-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig のエラー メッセージが表示される

AzureRM.RecoveryServices.Backup

  • Get-AzureRmRecoveryServicesBackItem コマンドレットにポリシー フィルターを追加。このコマンドは、指定されたポリシー ID によって保護されているバックアップ項目一覧を返す
  • Microsoft.Azure.Management.RecoveryServices.Backup を version 3.0.0-preview に更新
  • Azure ClientRuntime を最新のバージョンに更新
  • Restore-AzureRmRecoveryServicesBackupItem に TargetResourceGroupName パラメーターを追加。Managed ディスクがリストアされるリソース グループ。Managed ディスクを持つ VM のバックアップに適用される

AzureRM.Resources

  • サブスクリプション スコープにおけるテンプレートの展開をサポート。次の新しいコマンドレットを追加 :
    • New-AzureRmDeployment
    • Get-AzureRmDeployment
    • Test-AzureRmDeployment
    • Remove-AzureRmDeployment
    • Stop-AzureRmDeployment
    • Save-AzureRmDeploymentTemplate
    • Get-AzureRmDeploymentOperation
    • Get-AzureRmDeploymentOperation
  • Set-AzureRmResource にコンテキストを渡す際、エラーがスローされる問題を修正
  • New-AzureRmResourceGroupDeployment の例を修正

前回のリリースからの変更点 : v6.6.0-July2018…v6.7.0-August2018

参考