Azure PowerShell – Az モジュール v3.8.0 がリリースされました

2020/04/21 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v3.8.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v3.8.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v3.8.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v3.8.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v3.8.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v3.8.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v3.8.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク
  • Az 3.0.0 への移行ガイド : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:3.8.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:3.8.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:3.8.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest

リリース ノート

Az.Accounts

  • ‘Resolve-AzError’ の Azure PowerShell サーベイ URL をアップデート [#11507]

Az.ApiManagement

  • 将来のリリースでの Azure File コマンドレット出力の変更に関する重大な変更通知を追加
  • ‘Set-AzApiManagementGroup’ の GroupId パラメーターを指定するため、ドキュメントをアップデート

Az.Cdn

  • ChinaCDN 関連の価格設定 SKU 表示を修正

Az.CognitiveServices

  • Identity、Encryption、UserOwnedStorage をサポート

Az.Compute

  • ‘Set-AzVmssOrchestrationServiceState’ コマンドレットを追加
  • -InstanceView を指定した ‘Get-AzVmss’ は、OrchestrationService の状態を表示

Az.IotHub

  • IoT デバイス ツイン構成を管理。新しいコマンドレットは、次のとおり :
    • ‘Get-AzIotHubDeviceTwin’
    • ‘Update-AzIotHubDeviceTwin’
  • IoT Hub のデバイスで直接メソッドを呼び出すコマンドレットを追加
  • IoT デバイス モジュール ツイン構成を管理。新しいコマンドレットは、次のとおり :
    • ‘Get-AzIotHubModuleTwin’
    • ‘Update-AzIotHubModuleTwin’
  • 大規模な IoT 自動デバイス管理構成を管理。新しいコマンドレットは、次のとおり :
    • ‘Add-AzIotHubConfiguration’
    • ‘Get-AzIotHubConfiguration’
    • ‘Remove-AzIotHubConfiguration’
    • ‘Set-AzIotHubConfiguration’
  • Iot Hub でエッジ モジュール メソッドを呼び出すコマンドレットを追加

Az.KeyVault

  • valut の Soft Delete と Purge Protection を有効にできる新しいコマンドレット ‘Update-AzKeyVault’ を追加
  • Microsoft.PowerShell.SecretManagement のサポートを追加[#11178]
  • ‘Remove-AzKeyVaultManagedStorageSasDefinition’ の例にあるエラーを修正 [#11479]
  • プライベート エンドポイントのサポートを追加

Az.Maintenance

  • GA のメンテナンス コマンドレットのリリース バージョンを公開

Az.Monitor

  • プライベート リンク スコープ用のコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzInsightsPrivateLinkScope’
    • ‘Remove-AzInsightsPrivateLinkScope’
    • ‘New-AzInsightsPrivateLinkScope’
    • ‘Update-AzInsightsPrivateLinkScope’
    • ‘Get-AzInsightsPrivateLinkScopedResource’
    • ‘New-AzInsightsPrivateLinkScopedResource’
    • ‘Remove-AzInsightsPrivateLinkScopedResource’

Az.Network

  • 仮想ネットワーク ゲートウェイのプライベート IP 接続を有効にするため、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualNetworkGateway’
    • ‘Set-AzVirtualNetworkGateway’
    • ‘New-AzVirtualNetworkGatewayConnection’
    • ‘Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection’
  • FQDN ベースの LocalNetworkGateways と VpnSites を有効にするため、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzLocalNetworkGateway’
    • ‘New-AzVpnSiteLink’
  • ExpressRouteCircuitConnectionConfig (Global Reach) に IPv6 アドレス ファミリのサポートを追加
    • ‘Set-AzExpressRouteCircuitConnectionConfig’ を追加
      • IPv6CircuitConnectionProperties を含むすべての既存のプロパティの設定を許可
    • ‘Add-AzExpressRouteCircuitConnectionConfig’ をアップデート
      • アドレス プレフィックスのアドレス ファミリを指定するための別のオプション パラメーター AddressPrefixType を追加
  • 仮想ネットワーク ゲートウェイ接続での DPD タイムアウトの設定を有効にするため、コマンドレットをアップデート
    • New-AzVirtualNetworkGatewayConnection
    • Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection

Az.PolicyInsights

  • ポリシー準拠スキャンをトリガーするための ‘Start-AzPolicyComplianceScan’ コマンドレットを追加
  • ‘Get-AzPolicyState’ 出力にポリシー定義、セット定義、および割り当てバージョンを追加

Az.ServiceFabric

  • ‘New-AzServiceFabricCluster’ の例について、コードフォーマットとユーザービリティを向上

Az.Sql

  • コマンドレット ‘Get-AzSqlInstanceOperation’ と ‘Stop-AzSqlInstanceOperation’ を追加
  • VNet のストレージ アカウントに対する監査をサポート

Az.Storage

  • 将来のリリースでの Azure File コマンドレット出力の変更に関する重大な変更通知を追加
  • ストレージ アカウントの作成/更新時に新しい SkuName StandardGZRS、StandardRAGZRS をサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount’
  • DataLake Gen2 をサポート
    • ‘New-AzDataLakeGen2Item’
    • ‘Get-AzDataLakeGen2Item’
    • ‘Get-AzDataLakeGen2ChildItem’
    • ‘Move-AzDataLakeGen2Item’
    • ‘Set-AzDataLakeGen2ItemAclObject’
    • ‘Update-AzDataLakeGen2Item’
    • ‘Get-AzDataLakeGen2ItemContent’
    • ‘Remove-AzDataLakeGen2Item’

参考

Azure PowerShell Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました