Azure PowerShell – Az モジュール v4.7.0 がリリースされました

2020/09/22 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v4.7.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v4.7.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v4.7.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v4.7.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v4.7.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v4.7.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v4.7.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.7.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.7.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.7.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.7.0-alpine-3.10
スポンサーリンク

リリース ノート (4.7.0 – September 2020)

Az.Accounts

  • 今後の重大な変更メッセージをフォーマット化
  • Azure.Core 1.4.1 にアップデート

Az.Aks

  • ‘New-AzAksCluster’、’Set-AzAksCluster’ および ‘New-AzAksNodePool’ にクライアント サイド パラメーター検証ロジックを追加 [#12372]
  • ‘New-AzAksCluster’ にアドオンのサポートを追加 [#11239]
  • アドオン用のコマンドレット ‘Enable-AzAksAddOn’ と ‘Disable-AzAksAddOn’ を追加 [#11239]
  • ‘New-AzAksCluster’ に パラメーター ‘GenerateSshKey’ を追加 [#12371]
  • API バージョンを 2020-06-01 にアップデート

Az.CognitiveServices

  • 特定の API に関する追加の法的条項を表示

Az.Compute

  • ‘-EncryptionType’ オプション パラメーターに ‘New-AzVmDiskEncryptionSetConfig’ を
  • 新しいリソースの種類に対する新しいコマンドレット :
    • DiskAccess ‘Get-AzDiskAccess’
    • ‘New-AzDiskAccess’
    • ‘Get-AzDiskAccess’
  • ‘New-AzSnapshotConfig’ にオプション パラメーター ‘-DiskAccessId’ と ‘-NetworkAccessPolicy’ を追加
  • ‘New-AzDiskConfig’ にオプション パラメーター ‘-DiskAccessId’ と ‘-NetworkAccessPolicy’ を追加
  • VirtualMachine Instance View に ‘PatchStatus’ プロパティを追加
  • VirtualMachine Instance View に ‘VMHealth’ プロパティを追加 (‘Get-AzVm’ が ‘-Status’ で呼び出されたときに返されるオブジェクト)
  • Added ‘AssignedHost’ field to ‘Get-AzVM’ and ‘Get-AzVmss’ instance views. The field shows the resource id of the virtual machine instance
    ‘Get-AzVM’ と ‘Get-AzVmss’ に Instance View に ‘AssignedHost’ フィールドに追加 (フィールドには仮想マシン インスタンスのリソース ID が表示される)
  • ‘New-AzHostGroup’ にオプション パラメーター ‘-SupportAutomaticPlacement’ を追加
  • ‘New-AzVm’ と ‘New-AzVmss’ に ‘-HostGroupId’ パラメーターを追加

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK バージョン 4.11.0 にアップデート

Az.EventHub

  • 新しい Cluster コマンドレットを追加
    • ‘New-AzEventHubCluster’
    • ‘Set-AzEventHubCluster’
    • ‘Get-AzEventHubCluster’
    • ‘Remove-AzEventHubCluster’
    • ‘Get-AzEventHubClustersAvailableRegions’.
  • issue #10722 を修正
    • ‘Listen’ のみ AuthorizationRule 権限を割り当てるために修正

Az.Functions

  • サポートしていないリージョンで v2 関数を作成する機能を削除
  • PowerShell 6.2 が非推奨に。ユーザーが PowerShell 6.2 関数アプリを作成する際、代わりに PowerShell 7.0 関数アプリを作成するように促す警告を追加

Az.HDInsight

  • Autoscale 構成でのクラスターの作成をサポート
    • コマンドレット ‘New-AzHDInsightCluster’ に新しいパラメーター ‘AutoscaleConfiguration’ を追加
  • Autoscale 構成でのクラスター操作をサポート
    • 新しいコマンドレット ‘Get-AzHDInsihgtClusterAutoscaleConfiguration’ を追加
    • 新しいコマンドレット ‘New-AzHDInsihgtClusterAutoscaleConfiguration’ を追加
    • 新しいコマンドレット ‘Set-AzHDInsihgtClusterAutoscaleConfiguration’ を追加
    • 新しいコマンドレット ‘Remove-AzHDInsihgtClusterAutoscaleConfiguration’ を追加
    • 新しいコマンドレット ‘New-AzHDInsihgtClusterAutoscaleScheduleCondition’ を追加

Az.KeyVault

  • RBAC 承認のサポートを追加 [#10557]
  • ‘Set-AzKeyVaultAccessPolicy’ のエラー ハンドリングを強化 [#4007]

Az.Kusto

  • ‘Az.Kusto’ モジュールが一般提供開始 (GA)

Az.Network

  • [重大な変更] リソースの仮想ルーターと仮想ハブを調整する、以下のコマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualRouter’:
      • IP 構成の子リソースをサポートするため、-HostedSubnet パラメーターを追加
      • -HostedGateway と -HostedGatewayId を削除
    • ‘Get-AzVirtualRouter’:
      • サブスクリプション レベル パラメーター セットを追加
    • ‘Remove-AzVirtualRouter’
    • ‘Add-AzVirtualRouterPeer’
    • ‘Get-AzVirtualRouterPeer’
    • ‘Remove-AzVirtualRouterPeer’
  • Azure Express Route Port 用の新しいコマンドレットを追加
    • ‘New-AzExpressRoutePortLOA’
  • VirtualNetwork Peering Resource に RemoteBgpCommunities プロパティを追加
  • ‘New-AzLoadBalancerFrontendIpConfig’、’New-AzPublicIpAddress’ および ‘New-AzPublicIpPrefix’ の警告メッセージを修正
  • ‘Get-AzVpnGateway’ 出力に VpnGatewayIpConfigurations を追加
  • ‘Set-AzApplicationGatewaySslCertificate’ の不具合を修正 [#9488]
  • ‘AzureFirewall’ に ‘AllowActiveFTP’ パラメーターを追加
  • 機能に対するコマンド配下をアップデート
    • VirtualWan P2SVpnGateway でインターネット セキュリティの設定/削除を有効化
  • ‘New-AzP2sVpnGateway’ をアップデート :
    • ポイント ツー サイト クライアントに適用される P2SVpnGateway でインターネット セキュリティを有効にするため、true に設定するオプションのスイッチ パラメーター ‘EnableInternetSecurityFlag’ を追加
  • ‘Update-AzP2sVpnGateway’ をアップデート :
    • ポイント ツー サイト クライアントに適用される P2SVpnGateway でインターネット セキュリティを有効/無効にするため、true/false を設定するオプション スイッチ パラメーター ‘EnableInternetSecurityFlag’/’DisableInternetSecurityFlag’ を追加
  • トラブルシューティング用に VirtualWan P2SVpnGateway をリセット/再起動するための新しいコマンドレット ‘Reset-AzP2sVpnGateway’ を追加
  • トラブルシューティング用に VirtualWan VpnGateway をリセット/再起動するための新しいコマンドレット ‘Reset-AzVpnGateway’ を追加
  • ‘Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig’ をアップデート
    • パラメーターで明示的に設定されている場合、サブネットの NSG およびルート テーブル プロパティを null に設定 [#1548][#9718]

Az.RecoveryServices

  • ワークロード バックアップ項目の Delete State を修正

Az.Resources

  • Set-AzRoleAssignment の不足しているチェックを追加
  • ‘Get-AzResourceGroupDeploymentOperation’ の ‘SubscriptionId’ パラメーターに重大な変更属性を追加
  • ‘Ignore’ リソースの変更が最後に表示されるよう、ARM テンプレートの What-If コマンドレットをアップデート
  • 展開コマンドレットの安全な配列パラメーターのシリアル化の問題を修正 [#12773]

Az.ServiceFabric

  • Managed クラスターとノード タイプに新しいコマンドレットを追加 :
    • ‘New-AzServiceFabricManagedCluster’
    • ‘Get-AzServiceFabricManagedCluster’
    • ‘Set-AzServiceFabricManagedCluster’
    • ‘Remove-AzServiceFabricManagedCluster’
    • ‘Add-AzServiceFabricManagedClusterClientCertificate’
    • ‘Remove-AzServiceFabricManagedClusterClientCertificate’
    • ‘New-AzServiceFabricManagedNodeType’
    • ‘Get-AzServiceFabricManagedNodeType’
    • ‘Set-AzServiceFabricManagedNodeType’
    • ‘Remove-AzServiceFabricManagedNodeType’
    • ‘Add-AzServiceFabricManagedNodeTypeVMExtension’
    • ‘Add-AzServiceFabricManagedNodeTypeVMSecret’
    • ‘Remove-AzServiceFabricManagedNodeTypeVMExtension’
    • ‘Restart-AzServiceFabricManagedNodeTyp’
  • Service Fabric SDK バージョン 1.2.0 にアップグレード。現在のモデルには Service Fabric リソース プロバイダー api-version 2020-03-01、Managed クラスターには 2020-01-01-preview を使用

Az.Sql

  • ‘New-AzSqlInstance’ と ‘Get-AzSqlInstance’ に BackupStorageRedundancy を追加
  • コマンドレット ‘Get-AzSqlServerActiveDirectoryOnlyAuthentication’ を追加
  • コマンドレット ‘Enable-AzSqlServerActiveDirectoryOnlyAuthentication’ を追加
  • ‘New-AzSqlInstance’ に Force パラメーターを追加
  • Managed Database Log Replay サービス用のコマンドレットを追加
    • ‘Start-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay’
    • ‘Get-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay’
    • ‘Complete-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay’
    • ‘Stop-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay’
  • コマンドレット ‘Get-AzSqlInstanceActiveDirectoryOnlyAuthentication’ を追加
  • コマンドレット ‘Enable-AzSqlInstanceActiveDirectoryOnlyAuthentication’ を追加
  • コマンドレット ‘Disable-AzSqlInstanceActiveDirectoryOnlyAuthentication’ を追加
  • ネットワーク分離機能をサポートするため、コマンドレット ‘New-AzSqlDatabaseImport’ と ‘New-AzSqlDatabaseExport’ をアップデート
  • コマンドレット ‘New-AzSqlDatabaseImportExisting’ を追加
  • バックアップ ストレージ タイプの指定をサポートするよう、Databases コマンドレットをアップデート
  • ‘New-AzSqlDatabase’ に Force パラメーターを追加
  • ‘New-AzSqlDatabase’ の一部のリージョンに BackupStorageRedundancy 構成の警告を追加
  • サーバーとインスタンスの ActiveDirectoryOnlyAuthentication コマンドレットが ResourceId と InputObject を含むようアップデート

Az.Storage

  • Microsoft.Azure.Storage.DataMovement 2.0.0 へのアップグレードで blob のアップロードが失敗する問題を修正 [#12220]
  • Point In Time Restore をサポート
    • ‘Enable-AzStorageBlobRestorePolicy’
    • ‘Disable-AzStorageBlobRestorePolicy’
    • ‘New-AzStorageBlobRangeToRestore’
    • ‘Restore-AzStorageBlobRange’
  • パラメーター -IncludeBlobRestoreStatus を指定した Get-AzureRMStorageAccount を実行することにより、ストレージ アカウントの BLOB 復元ステータスの取得をサポート
    • ‘Get-AzureRMStorageAccount’
  • 次のコマンドレットの出力変更に対して重大な変更の警告メッセージを追加
    • ‘Get-AzStorageContainerStoredAccessPolicy’
    • ‘Set-AzStorageContainerStoredAccessPolicy’
    • ‘Set-AzStorageAccountManagementPolicy’
    • ‘Get-AzStorageAccountManagementPolicy’
    • ‘Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction’
    • ‘New-AzStorageAccountManagementPolicyRule’
  • Microsoft.Azure.Cosmos.Table SDK を 1.0.8 にアップデート
スポンサーリンク

コミュニティの貢献者に感謝

  • Thomas Van Laere (@ThomVanL)、Dockerfile-alpine-3.10 を追加 (#12911)
  • Lohith Chowdary Chilukuri (@Lochiluk)、Remove-AzNetworkInterfaceIpConfig.md を更新 (#12807)
  • Roberth Strand (@roberthstrand)、Get-AzResourceGroup – 新しい例とクリーンアップ (#12828)
  • Ravi Mishra (@inmishrar)、Azure Web App ランタイム スタックを DOTNETCORE に更新 (#12833)
  • @jack-education、NSG とルート テーブルをサブネットから削除できるように Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig を更新 (#12351)
  • @hagop-globanet、Add-AzApplicationGatewayCustomError.md を更新 (#12784)
  • Joshua Van Daalen (@greenSacrifice)
    • プロパティのスペルを Property に更新 (#12821)
    • Update New-AzResourceLock.md の例を更新 (#12806)
  • Eragon Riddle (@eragonriddle)、例のパラメーター フィールド名を修正 (#12825)
  • @rossifumax、New-AzConfigurationAssignment.md の誤字を修正 (#12701)

参考 URL

Azure PowerShell Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました