Azure PowerShell – Az モジュール v2.8.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Ori and the Blind Forest

2019/10/15 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v2.8.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.8.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.8.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v2.8.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v2.8.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.8.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.8.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

リリース ノート

General

  • Az.HealthcareApis 1.0.0 をリリース

Az.Accounts

  • 生成されたモジュールのテレメトリーと URL 書き換えを更新、および Windows ユニット テストを修正

Az.ApiManagement

  • Set-AzApiManagementApi-Api を ApiVersionSet に更新するためのサポートを追加

Az.Automation

  • Linux の再起動設定パラメーターに対する New-AzureAutomationSoftwareUpdateConfiguration コマンドレットを修正

Az.Batch

  • Get-AzBatchNodeAgentSku は廃止され、バージョン 2.0.0 では Get-AzBatchSupportImage に置き換えられる

Az.Compute

  • Priority、EvictionPolicy、および MaxPrice パラメーターを New-AzVM および New-AzVmss コマンドレットに追加
  • Add-AzVMAdditionalUnattendContent および Add-AzVMSshPublicKey コマンドレットの警告メッセージとヘルプドキュメントを修正
  • Set-AzVMDiskEncryptionExtension の Managed ディスクを持つ Linux VM の -skipVmBackup 例外を修正
  • Set-AzVMDiskEncryptionExtension の暗号化設定を更新し、2 パス シナリオの不具合を修正

Az.DataFactory

  • ADF V2 データフロー用の CRUD コマンドを追加
    • Set-AzDataFactoryV2DataFlow
    • Remove-AzDataFactoryV2DataFlow
    • Get-AzDataFactoryV2DataFlow
  • ADF V2 データフロー デバッグ セッション用のアクション コマンドを追加 :
    • Start-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSession
    • Get-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSession
    • Add-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSessionPackage
    • Invoke-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSessionCommand
    • Stop-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSession.ADF .Net SDK version 4.2.0 にアップデート

Az.DataLakeStore

  • ‘-‘ が付いたアカウントがドメインなしで渡されるよう、アカウント検証を修正

Az.HealthcareApis

  • powershell version 1.0.0 にアップデート
  • SDK version 1.0.2 にアップデート
  • 新しい SDK バージョンを参照するよう、テストを更新
  • 出力構造をネストからフラットに更新

Az.IotHub

  • 新しいルーティング ソースの追加 :
    • DigitalTwinChangeEvents
  • 軽微な不具合を修正 :
    • Get-AzIothub が subscriptionId を返さない

Az.Monitor

  • アクション グループに追加された新しいアクション グループ レシーバー
    • -ItsmReceiver
    • -VoiceReceiver
    • -ArmRoleReceiver
    • -AzureFunctionReceiver
    • -LogicAppReceiver
    • -AutomationRunbookReceiver
    • -AzureAppPushReceiver
  • 受信者に対して有効になっている一般的なアラート スキーマを使用。SMS、Azure アプリ プッシュ、ITSM および音声受信には適用されない
  • Webhook が Azure Active Directory 認証をサポート

Az.Network

  • サービス エンドポイント ポリシーに使用可能なエイリアスを取得するために呼び出すことができる新しいコマンドレット Get-AzAvailableServiceAlias を追加
  • 仮想ネットワーク ゲートウェイ接続へのトラフィック セレクター追加のサポートを追加
    • 新しいコマンドレットを追加 :
      • New-AzureRmTrafficSelectorPolicy
    • オプション パラメーター -TrafficSelectorPolicies を持つコマンドレットを更新
      • New-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection
      • Set-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection
  • ネットワーク セキュリティ ルール構成で ESP および AH プロトコルのサポートを追加
    • コマンドレットを更新 :
      • Add-AzNetworkSecurityRuleConfig
      • New-AzNetworkSecurityRuleConfig
      • Set-AzNetworkSecurityRuleConfig
  • Cortex コマンドレットの例外処理を改善
  • VirtualNetworkGateways の新しい世代と SKU
    • VirtualNetworkGateways の新しい世代の紹介
    • VirtualNetworkGateways の新しい高スループット SKU の紹介

Az.RedisCache

  • ‘-Size’ パラメーターの欠損値を含むように ‘Set-AzRedisCache’ のリファレンス ドキュメントを更新

Az.Sql

  • Managed インスタンスで Active Directory 管理者を設定するためのサポートを追加

Az.Storage

  • Storage Client Library 11.1.0 にアップグレード
  • Management plance API を持つコンテナーを (NextPageLink と共に) 一覧表示
    • Get-AzRmStorageContainer
  • サブスクリプションからストレージ アカウントを (NextPageLink と共に) 一覧表示
    • Get-AzStorageAccount

Az.StorageSync

  • Reset-AzStorageSyncServerCertificate の Issue #9810 を修正

Az.Websites

  • アプリケーションの ASP が失敗していた Set-AzWebApp を更新

参考