Azure PowerShell v6.13.0 および v6.13.1 がリリースされました

スポンサーリンク
Rise of the Tomb Raider

2018/11/21 (現地時間) に Azure PowerShell v6.13.0 および Azure PowerShell v6.13.1 がリリースされました。
※これ以降は、v6.13.1 について記載します。変更点については、「前回のリリースからの変更点」の項を参照。

Azure PowerShell v6.13.1 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery モジュール経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v6.13.1 をインストールおよびモジュール インポート後、AzureRM モジュールのバージョンが v6.13.1 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v6.13.1 について (意訳)

  • Azure PowerShell v6.13.1 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell v6.13.1 インストーラー (x86) : リンク
  • ARM コマンドレットに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force 

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

前回のリリースからの変更点

AzureRM.Profile

  • ClientRuntime の最新バージョンを使用するための共通コードを更新

AzureRM.ApiManagement

  • 型マッピング問題の依存関係を更新

AzureRM.Automation

  • Swagger ベースの Azure Automation コマンドレット
  • Update Management コマンドレットを追加
  • Source Control コマンドレットを追加
  • Remove-AzureRmAutomationHybridWorkerGroup コマンドレットを追加
  • DSC Register Node コマンドを修正

AzureRM.Compute

  • SystemAssigned ID における ID 問題を修正
  • 型マッピング問題の依存関係を更新

AzureRM.ContainerInstance

  • 型マッピング問題の依存関係を更新

AzureRM.MarketplaceOrdering

  • marketplace コマンドレットのサンプルの説明を更新

AzureRM.Network

  • コマンドレットの追加
    • New-AzureRmApplicationGatewayCustomError
    • Add-AzureRmApplicationGatewayCustomError
    • Get-AzureRmApplicationGatewayCustomError
    • Set-AzureRmApplicationGatewayCustomError
    • Remove-AzureRmApplicationGatewayCustomError
    • Add-AzureRmApplicationGatewayHttpListenerCustomError
    • Get-AzureRmApplicationGatewayHttpListenerCustomError
    • Set-AzureRmApplicationGatewayHttpListenerCustomError
    • Remove-AzureRmApplicationGatewayHttpListenerCustomError
  • サポートされている AzureFirewall ネットワーク プロトコルに ICMP を追加
  • コマンドレット Test-AzureRmNetworkWatcherConnectivity を更新し、宛先 ID、アドレス、およびポートの検証を追加
  • VirtualNetwork マップのメモリ使用に関する問題を修正

AzureRM.RecoveryServices.Backup

  • 保護されたファイル共有のポリシー変更について修正
  • ポリシーのタイムゾーンを大文字に変換

AzureRM.RecoveryServices.SiteRecovery

  • New-AzureRmRecoveryServicesAsrProtectableItem の例を訂正
  • 型マッピング問題の依存関係を更新

AzureRM.Relay

  • New-AzureRmRelayKeyコマンドレットにユーザーが KeyValue を提供できるようにするオプション パラメーター -KeyValue を追加

AzureRM.Resources

  • New-AzureRmPolicyAssignment および Set-AzureRmPolicyAssignment のリソース ID 関連パラメーターのヘルプ ドキュメントを更新
  • -Metadata を使用する New-AzureRmPolicyDefinition の例を追加
  • NetStandard の Tag キーで大文字小文字の区別ができるように修正 : #7678#7703

AzureRM.ServiceFabric

  • 今後の大きな変更に備え、廃止予定メッセージを追加

AzureRM.Sql

  • Azure Sql Database Managed Instance および Azure Sql Managed Database に CRUD 操作用の新しいコマンドレットを追加
    • Get-AzureRmSqlInstance
    • New-AzureRmSqlInstance
    • Set-AzureRmSqlInstance
    • Remove-AzureRmSqlInstance
    • Get-AzureRmSqlInstanceDatabase
    • New-AzureRmSqlInstanceDatabase
    • Restore-AzureRmSqlInstanceDatabase
    • Remove-AzureRmSqlInstanceDatabase
  • サーバー、もしくはデータベース上の Extended Auditing Policy 管理の有効化
    • 監査ログ フィルタリングを有効にするため、新しいパラメーター (PredicateExpression) を追加
    • レガシー クライアントの代わりに SQL クライアントを使用するよう、コマンドレットを変更
    • Set-AzureRmSqlServerAuditing
    • Get-AzureRmSqlServerAuditing
    • Set-AzureRmSqlDatabaseAuditing
    • Get-AzureRmSqlDatabaseAuditing
  • ストレージ アカウント名パラメーターが設定された Update-AzureRmSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentSettings の使用に関する問題を修正

参考